Counter_EURUSD_Gem

FXのEA2578番『Counter_EURUSD_Gem』を検証評価した結果

作者『Gecko』さんのEA『Counter_EURUSD_Gem』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→66点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『Counter_EURUSD_Gem』は良いEAだと思うのですが、もう少し中期の安定性とパフォーマンスがあるとなお良かったです。

プロフィットファクタは1.18ということで、少し合格ラインに届かず。

最大ドローダウンは2.97%:89.48ドルということで、特別低くはないですが普通に使える範囲です。

資産推移のグラフですが、長期のパッと見では右肩上がりで良いですが、中期の波がもう少し小さいと使いやすいと思いました。

短期の波はしかたないですが、中期以上で長めの不調期があると、小資金でメンタルが強くない方にはちょっと使いづらいかもしれません。

また、トータル利益も大きければガマンできるのですが、利益のパフォーマンスも小さめですと、長期で使いたくなるモチベーションも弱くなってしまいます。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:5点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:12点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:9点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Counter_EURUSD_Gem』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2578番Counter_EURUSD_Gemのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.18

・最大ドローダウン:2.97%:89.48ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:63.94%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約111回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約1709円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:EUR/USD

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「Gecko」さんの説明です↓)

「Counter_EURUSD_Gem」は、【Counter】シリーズの他通貨ペアとともに、ポートフォリオのひとつとして検討してみてください。

当EAは、【Counter_USDJPY】EAのロジックを【EURUSD】用に調整したEAとなっております。

マルチタイムフレームでのトレンド方向を参考に、短期的な逆張りを狙うロジックでEAを設計しております。

内部パラメータによって3種類の決済手段を用いながら、トレイリングストップも行うことで損失を限定し利益を上げることを目指しています。

ポジションの保有は数時間程度が多いデイトレードタイプで、週をまたいでポジションを保有することもございます。

週平均して2回程度のトレード回数をみこんでいます。

ナンピン・マーチンゲールは行っておりません。

保有ポジションは片側最大1ポジションです。(稀に両建てになることもございます)

通貨ペアはEURUSD、使用時間軸はM5での稼働をお願いいたします。

【バックテスト】
バックテストデータはコチラです。
→https://spc-pt.com/files/Counter_EURUSD.png

【パラメータについて】
マニュアルにて設定する「GMT」の数値は、ブローカーで採用しているGMT(冬時間)を入力してください。
例:冬はGMT+2、夏はGMT+3のブローカーなら夏冬通して「2」を入力。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Counter_EURUSD_Gem』は良いEAだと思うのですが、もう少し中期の安定感とトータル利益がないと、特に小資金の方には使いづらいと思いました。

よって、当サイトのポートフォリオとしてはいったん見送りにしたいと思います。

Counter_EURUSD_Gem

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方