フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1

FXのEA1008番『フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1』を検証評価した結果

作者『Hayabusa』さんのEA『フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→70点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1』は、素性は良いEAなのですが、不調期が長引く場合があるので、使い方に注意が必要です。

このEAはたくさんのロジックを複合したEAですが、勝率の低さとフォワードテストのグラフ形状から分かる通り、ブレイクアウトのスイングトレードが主体になっています。

もともとプロフィットファクタもそこまで高いEAではないですし、ブレイクが無くレンジが長引くと、かなり不調期が長くなってしまいます。

ですので、回しっぱなしにはしないで、『不調期回避戦略』を使ったほうがいいEAです。

それも、あまり欲張りしないで、短期的にもガツンと上げたらもう早めにOFFした方が良いです。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:8点/(20点満点中)

最大ドローダウン:14点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:15点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:7点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1008番フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.39

・最大ドローダウン:6.07%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約680回

・使用通貨ペア:USD/JPY

・使用時間足:5分足

(↓以下は作者「Hayabusa」さんの説明です↓)

出来るだけ小さいドローダウンで大きな利益獲得を目指して作りました。

フクロジくんTsukiAhiBrend USDJPY V1は複数のロジックでポートフォリオを組み、一つにまとめたEAです。従来のフクロジくんシリーズに、月足のトレンド方向へナンピンでエントリーするロジックを追加しました。

USDJPYの5分足にセットして下さい。

すべて5分以上の確定足を元にエントリーします。

細かい値動きに左右されないよう、5分毎の5秒~10秒の間の5秒間だけ(エントリーや決済などの)メインプログラムが動きます。(ロジック「TsukiAshi」の決済プログラムは例外でティック毎に動きます)

従来の4つのフクロジくんシリーズとエントリーのタイミングが被ってビジーにならないように、プログラム稼動時間を5秒ずらしてあります。

各ロジックの簡単な説明は以下のようなものです。

「TsukiAshi」
月足のトレンド方向へ、1時間足のMAクロスで順張りエントリーします。35pips逆行するごとにナンピンし、最大4つのナンピンポジションを持ちます。

個々のSLやTPもありますが、トータルで指定の含み損益になると(ロジック「TsukiAshi」の)全決済をします。

最大ポジション数での損失を最小限にする為、(ロジック「TsukiAshi」の)ポジション数が少ないときは指定の含み益到達で全決済しますが、ポジション数が多いときは、損失が減少して指定の含み損到達で全決済(損切り)します(←デフォルトの場合)。(詳しくはパラメーター設定のページをご参照下さい)

また、もう一つ損失を最小限にする工夫として、トレンドが転換しやすい(月足での)MA付近やMAから乖離しすぎた位置でのエントリーを避けるようにしています。

①「RSI1」
長期RSIで順方向、短期RSIで逆張り。
②「HIGE」
ある条件下のローソク髭で、髭と反対方向にエントリー。このロジック「HIGE」は、デフォルトではロジック「TsukiAshi」と連動させており、ロジック「TsukiAshi」のエントリー方向と逆方向のみエントリーします。ロジック「TsukiAshi」の損失限定対策です。
③「ROUSOKU1」
複数時間足の直近ローソク足を元に、逆張りで米国の朝の時間帯だけエントリー。
④「MA」
長期MA順方向、短期MAシグナル発生で順張り。時間制限あり。
⑤「RSI2」
RSIで順張り(買われすぎで買い、売られすぎで売り)。時間制限あり。
⑥「BOL」
ボリンジャーバンドで逆張り、さらに外側領域で途転、または反対側のバンドで途転。
RSIとMAのフィルターあり。
⑦「HEIKEN」
平均足でトレンド転換を捉えてエントリー。時間制限、MAフィルター、途転あり。
⑧「BREAK」
直近の高値安値ブレイクで順張りエントリー。時間制限、レンジ幅フィルター、MAフィルターあり。
⑨「ICHIMOKU」
一目均衡表の転換線と基準線のクロス及び雲抜けでエントリー。時間制限、途転あり。
⑩「MACD」
MACDクロスで順張りエントリー。時間制限、クロスの角度フィルター、途転あり。
⑪「ROUSOKU2」
直近複数時間のローソク足を元に順張りエントリー。時間制限、MAフィルター、途転あり。

・各ロジックはパラメーター設定で使用するかしないか選んで頂けます。
・ロジックはナンピンを使用するため、トレンド転換で大きなドローダウンが予想されます。それを最小限にできないかと考え、ロジック①~⑪はパラメーター設定で、独立で動くか、ロジックと連動してロジック?と反対方向にのみエントリーするか、を選べるようにしました。しかしバックテストでは、連動して有効だったのはロジック「HIGE」のみでしたので、デフォルトでは「UseHIGEDo」だけ「false」(=連動する)に設定してあります。(「Do」は独立の「ど」です)
・すべてのロジックを使うと、デフォルトでは最大で15個(内、ナンピンは4個)同時にポジションを持つ可能性があり、両建てになる場合もあります。
・ロジック「TsukiAshi」のみ、ナンピンを使用しています。
・マーチンゲールではありません。
・短期的には調子の良い期間、悪い期間の波はあるかと思いますが、長期的な視点でご利用頂ければ幸です。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1』は素性は良いEAなのですが、不調期が長引くことがありますので、慌てて回さずにじっくり待って、トレンドが長く続いて不調期を消化してから回すことです。

ブレイクしたら短期で稼ぎますので、早めに外して欲張りしないことです。

『不調期回避戦略』を使い、サブのポートフォリオで使うと良いでしょう。メインではちょっと使いにくいEAです。

フクロジくん TsukiAshiBrend USDJPY V1

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧