楽楽トラキチ2

FXのEA1369番『楽楽トラキチ2』を検証評価した結果

作者『楽楽』さんのEA『楽楽トラキチ2』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→22点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

カテゴリページの冒頭でご案内している通り、

「ナンピン系・マーチン系・両建て系・トラップ系など、逆行で損切りせずロット・ポジションを積み増しし、小利益で決済するようなタイプのEAは、危険ですので掲載いたしません」

としているわけですが、

今回の『楽楽トラキチ2』は、ゲムトレードの人気ランキングに入っていましたので、特別に検証結果を載せておきます。

ですが、やはり小資金の方には危険なEAという結果になりました。

2007年1月からテストしましたが、このEAは相場環境が整わない時はエントリーしないロジックのようで、2008年10月からようやくトレードがはじまり、1か月もたずに破綻してしまいました。

リーマンショックの余波がありましたので、他の年ではどうかと思い、2010年からのテストもしてみましたが、これも1年もたずに破綻してしまいました。

やはりトラリピ系も、逆行したら終わりです。

キレイなトレンドが続く前提なら良いですが、そんな相場はありませんし、損切り無しで資金量を多く投入できるユーザーさんも限られていますから、資金数百万以下レベルの方にはおすすめしません。

例えばナンピン系でも、資金数十万レベルでもバックテストでは生き残れるEAもポツポツあるのですが、実際にリアルトレードで使ってみると逆行で破綻してしまうのが現実です。

作者さんは、「証拠金が20万円(2000ドル)の場合、推奨ロットは0.03」とおっしゃっていますが、

それよりも安全な30万円&ロット0.01でも早々に破綻していますので、作者さん自体にも信用問題がありそうです。

他には、EAのパラメータ項目とマニュアルのパラメータ項目が全然違っていて、それも不信感をつのらせます。

関連:トラキチ進化版(最新)GBP/JPY

関連:楽楽トラキチ低資金版(AUDNZD)

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:0点/(20点満点中)

最大ドローダウン:0点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:0点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:0点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:2点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『楽楽トラキチ2』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1369番_楽楽トラキチ2のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:0.43

・最大ドローダウン:99.84%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約426回

・使用通貨ペア:GBP/JPY

・使用時間足:15分足

 

(↓以下は作者「楽楽」さんの説明です↓)

トラップリピート型の取引では、3つの大きな弱点があります。

1.レンジの最高値圏、最安値圏でのトラップが長期塩漬けになりやすい
2.取引方向と逆行した場合に含み損が雪だるま式に増える
3.大量の発注を行うため大きな証拠金がいる

どれも致命的な弱点だと思いませんか?

楽楽トラキチはこれらのリスクを減らす工夫をしています。

リスクは減らしていますが、無くなってはいません。

楽楽トラキチでは最高値圏での買いトラップや最安値圏での売りトラップが長期の塩漬けになるという事態は発生しにくくなっています。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『楽楽トラキチ2』はトラリピ系EAの特徴らしく、逆行で破綻してしまう危険性が大きいです。

特に小資金の方には厳しいですので、おすすめすることはできません。

楽楽トラキチ2

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧