ChallengeScalMorning V EURAUD

FXのEA1512番『ChallengeScalMorning V EURAUD』を検証評価した結果

作者『LIBETAC』さんのEA『ChallengeScalMorning V EURAUD』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→74点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『ChallengeScalMorning V EURAUD』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタが1.39ということでしっかり合格ですし、最大ドローダウンがやや高めですが、資金30万円ロット0.01で扱えない範囲でもありません。

ただ、損小利大タイプのEAであれば、最大ドローダウンがやや高めのわりに純利益がもう少し欲しいなという感じもします。

また、資産推移のグラフとしては、やや短期中期の波が大きいように思います。

特に小資金の方は、できれば回しっぱなしではなく不調期回避戦略を使った方が良いように思いました。

ポートフォリオへの採用は、ちょっと迷う微妙なところです。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:8点/(20点満点中)

最大ドローダウン:15点/(20点満点中)

1年間の取引数:19点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:15点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『ChallengeScalMorning V EURAUD』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1512番ChallengeScalMorning V EURAUDのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.39

・最大ドローダウン:4.69%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約195回

・使用通貨ペア:EUR/AUD

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「LIBETAC」さんの説明です↓)

シンプルなロジックで損小利大の朝スキャEAです。長期的に安定した成績が残せるようなEAを目指しました。是非ご利用をご検討ください。

【コンセプト】

日本時間の早朝に長期トレンド方向への押し目買い戻り売りでエントリーする、シンプルロジックかつ損小利大(平均利益>平均損失、最大利益>最大損失)のEAです。ボラティリティに応じてTPとTSが変動し、利益を追求します。

【特徴】

・日本時間の早朝にエントリーし、東京時間の一定時刻までに決済する朝スキャEA

・過去15年間のバックテスト(2.3pips)でPF1.36を実現!

・過去15年間のバックテスト(2.3pips)でマイナスは1年だけ!

・相場のボラティリティに合わせてTP、TSが変動

・バックテストと乖離の少ない始値エントリー

・勝率約55%の損小利大設計!

・ポートフォリオのリスク分散におすすめなマイナー通貨ペア!

・少ないパラメータで初心者でも設定が簡単

・複利機能あり(デフォルトではオフ)

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『ChallengeScalMorning V EURAUD』は良いEAなのですが、最大ドローダウン(リスク)のわりにもう少し純利益が欲しいのと、短期中期の波が大きめなのがちょっと心配なところです。

基本的にはポートフォリオへの採用は見送りましたが、不調期回避戦略を使って、フォワードで大きめのドローダウンを消化したタイミングを見つけたならば、回してみても面白いのではないでしょうか。

ChallengeScalMorning V EURAUD

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧