EAを回すタイミングと個数、VPSの選び方など

Q:ご質問の内容

EAを始めてまだ3ヶ月ですので、理解できないことも多々あるとは思いますが、よろしくお願いします。

早速ですが、サイトを読んで実際稼働させようとした時、何点が疑問がでてきましたので、下記不明点に回答いただけますでしょうか。

1つめ…

ポートフォリオ①OR②の完全放置戦略でいこうと思っているのですが、サイトに書かれていた通り、最初の回し始めを負けを消化するの待ってから回そうと思った時、

「必ず15個から20個くらいのEAを同一口座で同時にまわす」となるとどうすればよいのか、と疑問を抱きました。

1つのEAに対し負けを消化するの待ってから順次回していき、最高15~20個で回す?という理解でよいのでしょうか?

2つめ…

15個から20個くらいのEAを同一口座で回すとなると、VPSをどれに加入すればよいのか。

お名前.comデスクトップクラウドを契約予定ですが、MT4推奨個数というのは、MT4のソフトを何個までいれるか?ということでしょうか。

とすると、今回使用ポートフォリオ①でGEMFOREX MT4の1つのソフトに対し15個回すとなると、1GBのプランでよいということでしょうか?

1つのソフトに対してのEAの数を考えると、SSD容量(50GB)100GBはいりますか?

これだけ大量のEAを回したことがないのでわかりません。(参考サイトでもよいのでご回答お願いします)

A:お答えした内容

>必ず15個から20個くらいのEAを同一口座で同時にまわす・・

↑これは、好調期不調期を考えないで回す場合です。

EAや通貨ペアを分散すれば、リスクも分散できるからです。

いっぽう、ドローダウンを消化した後に、運用スタートで回す場合は、すでにリスクを少し回避した状況ですので、そこでは単発で回してOKです。

ただし、バックテストでは良いEAなのに、フォワードテストを見た時にずっと不調期が続いているようなEAなら、そのEAは外しても良いです。

あくまで、フォワードテストの結果に上下のリズムがあることを確認できたEAで、なおかつ下げたタイミングです。

>MT4推奨個数というのは・・

↑この意味は

「一つのMT4の中に何個EAを回すか」という意味ではなく、

「一つのVPS契約の中で、何個MT4を設置するか」という意味です。つまり、「何個の口座を運用するか」と言っても良いです。

EA自体は、よほど重いタイプでない限り、大した負荷は与えません。20個くらいなら全然余裕です。

ですが、MT4自体のインストールが、けっこう容量を使います。

ですので、VPS会社の「MT4推奨設置個数(推奨口座数と言っても良い)」を守っていれば大丈夫です。

あとは、大抵のVPS会社は、メモリやCPUの容量の使用割合をグラフ表示で確認出来たりもします。

為替市場(チャート)が動いている時に使用割合を見て、まだ余裕があれば、もっとEAやMT4を追加してもいいわけです。(もちろんギリギリは良くないです)

 

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方