FX自動売買ソフト無料EAトレジャー

MT4用一括決済ツール『Quick Pilot』無料プレゼント

MT4用一括決済ツール MT4 Quick Pilot(MT4クイックパイロット)

 

MT4 Quick Pilot(MT4クイックパイロット)は、その名の通り、まさに素早い操縦士のように注文から一括決済を繰り返し、利益を積み上げることができるツールで、

あなたのFXトレードの強力な武器になってくれます。

 

さらに、相場の瞬間的な暴落・暴騰時には自動決済であなたを守ってくれる、セーフティネットも兼ね備えています。

「素早さ&安全さ」を両立した素晴らしいMT4用ツールを、

今だけ特別に無料でプレゼントいたします!

 

さらに!

今回は、もう一つ限定プレゼントがあります。

チャート時間軸の上位足の移動平均線を表示できる

『マルチタイムフレームインジケータ&チャートテンプレート』

もプレゼントいたします。(ホワイト仕様&ブラック仕様)

 

MT4クイックパイロットの使用例

 

MT4クイックパイロット色タイプ一覧(縮小版原本)

 

【MT4クイックパイロットの特徴】

チェック項目MT4の標準機能には無かった、多機能でコンパクトで使いやすいメーター&操作パネルを新設しましたので、注文から一括決済までが素早く正確で、楽にできるようになりました。

 

複数チャートでの使用例

 

しかも、長時間見続けても疲れにくい、目に優しいデザインも特徴です。

もちろん、パネルの位置はドラッグ&ドロップで自由に移動できます。

感覚的には、国内FX会社で多く使われている「スピード注文」のウィンドウパネルに近いと思います。

 

チェック項目クイックパイロットの一番の大きな特徴としては、MT4の標準機能には無い、複数ポジションの一括決済ボタンを搭載したことです。

しかも、現在見ているチャートのみ一括決済、全通貨・全ポジション一括決済、売りポジのみ一括決済、買いポジのみ一括決済、などの細かいニーズにも対応しました。

 

チェック項目エントリーと同時に利確・損切り注文が自動で入るEAになっています。

 

エントリーと同時に利確・損切り注文が自動で入るEA

 

これによって、エントリー後にもし相場が急変して大きく逆行した場合でも、

素早く自動で損切りされ、最小限の損で済ませることができます。

特に、材料が出た瞬間やフラッシュクラッシュのような瞬間的な大暴落・大暴騰の時には、人間の判断スピードや操作スピードでは絶対に間に合いません。

『MT4 Quick Pilot』は、フラッシュクラッシュ対策にもなるわけです。

また、この自動決済注文機能は、損切りや利確の決済が苦手な方にとっては、自動で決済してくれるので、技術的にも精神的にも強い味方になってくれます。

 

もちろん、EAのパラメータで機能OFFや数値変更も可能ですし、注文が入った後のチャート上のラインをドラッグ&ドロップで移動することもできます。

 

チェック項目スプレッドの上限値が設定できますので、うっかりしていてスプレッドが広がった瞬間に注文が入ってしまうのを防いでくれます。

また、もし設定の値を超えた際には警告表示で知らせてくれます。

 

スプレッドが設定値を超えた時の警告表示

 

これらによって、あなたの大切な資産をしっかり守ることができるのです。

 

チェック項目パネルには、「全ポジションの平均損益PIPS」が表示されますので、損益金額ではなく、純粋にどれだけ値動きの分を取れたのかが分かりやすいのです。

 

平均損益PIPSの表示説明図

 

このメリットは、トレーダーとしての成長にも大きく関わってきます。

例えばロットを上げた場合は、獲得pipsが小さかったとしても、ロットが大きいぶんいままでと同じ利益額が得られますので、そこで満足してしまって、もっと取れるpipsがぜんぜん取れないトレードになってしまうのです。

また逆に含み損では、ロットを上げた場合は、マイナスpipsが大したことがなくても含み損の金額が大きくなるので、その損失額を確定させるのが怖くなって損切りできないまま強制ロスカットで全損・・・ということになりかねないのです。

そこで、損益金額ではなく、「純粋にどれだけ値動きの中でPIPSが取れているのか」が表示されることで、ロットやポジション数を上げてもメンタルが動揺することなく、いままでと同じPIPSを淡々と取っていくトレードができるのです。

 

チェック項目分割エントリーやナンピンで複数のポジションを持った場合は、その平均値を算出した「損益分岐点」をチャート上にラインで表示

 

損益分岐ライン表示機能の説明図

 

損益分岐点がチャート上にラインで表示されますので、それを目安に、利確まで待ったり損切りを決断しやすくなります。

 

以上のような素晴らしい機能を持ったツールが、今だけ限定・無料で手に入るチャンスですので、ぜひお申し込みください。

そしてさらに!

今回は特別に、チャート時間軸の上位足の移動平均線を表示できる

チェック項目『マルチタイムフレームインジケータ&チャートテンプレート』もプレゼントいたします

(ブラック仕様&ホワイト仕様→薄いベージュ)

マルチタイムフレームインジケータ&チャート(ホワイト仕様とブラック仕様)

 

マルチタイムフレームによる上位足の動きを把握しておくことは、トレードにとって必須です。

例えば上図であれば、5分足のチャート上に、他の上位足の移動平均線が表示できるのです。

15分足、30分足、1時間足、4時間足それぞれの移動平均線を同じチャート上に表示してくれます。

また今回のインジケータには、現在開いている時間足チャートの20期間移動平均線と75期間移動平均線も表示しています。

それらのラインを見て、トレンドを把握するのはもちろんですが、そのラインタッチを目安にエントリーしたり、利確・損切りを行いやすいのです。

もちろん、このチャート上にさらに追加で、ご自分でボリンジャーバンドなどを重ねて表示されてもご自由です。

また、すでにお気に入りのチャートテンプレートやインジケータをお持ちの方は、それは変えずに『MT4クイックパイロット』だけを導入することも可能です。

 

MT4クイックパイロットの設置方法と使い方マニュアル

プレゼントお申込み用フォームから口座番号をお知らせいただきますと、48時間以内にツールセットを準備してメール添付でお送りいたします。

※ツールセットは、お知らせいただきました口座番号に合わせて個別で作りますので、それ以外の口座では作動しませんのでご注意くださいませ。

 

さてツールが届くまでに、MT4の自動売買の許可設定をしておきましょう。

今回のツールはEA自動売買(エキスパートアドバイザーの略)になりますので、MT4側でEAを許可する設定を行う必要があります。

下図のように、MT4のメニューから「ツール」→「オプション」を開きます。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図

 

「オプション」を開きますと、下図のようにタブメニューの中に「エキスパートアドバイザ」がありますので選びます。

初期設定では下図のようになっていますので、チェックをし直してください。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図2

 

上図のようにチェックし直して、OKをクリックして下さい。

すると下図のように、MT4のメニューのところにある「自動売買」の画像が、赤色から緑色に変わりますので、こうなったら自動売買の許可設定が完了です。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図3

 

それでは、メールで届いたツールをMT4にセットしていきましょう。

まずメールで届くファイルを確認してください。

下図のようなフォルダがメール添付で届きますので、パソコン側にダウンロードし、念のため「ドライブ(D)」などにもコピーしておきましょう。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図4

 

では、MT4にセットします。

下図のように、MT4のメニューから「ファイル」→「データフォルダを開く」を開き、さらにその中にある「templates」も開いておいてください。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図5

 

そうしましたら、メール添付で届いたフォルダの中にも同じ「templates」がありますので開きます。

下図のように、「プレゼントツール在中」→「マルチタイムフレームインジケータ」の中に「templates」がありますので開きます。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図6

 

そうしましたら、上図のプレゼント側の「templates」の中の2つのTPLファイルをコピーして、

下図のように、先ほど開いておいたMT4側の「templates」の中に貼り付けてください。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図7

 

そうしましたらMT4側のフォルダを一つ前の「データフォルダを開いた状態」に戻してください。

もし分からなくなったら、いったんフォルダを閉じてから再度、MT4のメニューから「ファイル」→「データフォルダを開く」から開いてください。

 

そうしましたら、下図のように「MQL4」というフォルダを開きます。すると、その中に「Indicators」というフォルダがありますので、それを開いておきます。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図8

 

ではそこにプレゼント側からファイルをコピーしましょう。

下図のように、プレゼント側フォルダの中の「プレゼントツール在中」→「マルチタイムフレームインジケータ」→「Indicators」を開きます。

すると、中に3つのファイルがありますので、全てコピーします。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図9

 

上図のように、プレゼント側の「Indicators」の中の3つのファイルをコピーしたら、

下図のように、先に開いておいたMT4側の「Indicators」の中に貼り付けてください。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図10

 

では次で最後のファイルですが、またフォルダを一つ前に戻して「MQL4」のフォルダに戻ってください。

もし分からなくなってしまったら、いったんフォルダを閉じてから再度、MT4のメニューから「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」から開いてください。

「MQL4」のフォルダを開きますと、下図のように「Experts」というフォルダがありますので、開いておいてください。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図11

 

そうしましたら、プレゼント側のフォルダからファイルをコピーして貼り付けます。

下図のように、プレゼント側の「プレゼントツール在中」→「MT4クイックパイロット」→「Experts」を開き、中のファイル全てをコピーします。(※3タイプご希望された場合は3つコピーします)

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図12

 

上図のように、プレゼント側の「Experts」の中のファイル全てをコピーしたら、

下図のように、MT4側の「Experts」の中に貼り付けます。

 

MT4クイックパイロットの設置方法説明図13

 

これでファイルの設置は完了ですが、最後に必ずMT4を一回閉じて再起動してください。

新規のファイルを読み込んで機能させるために、必ずMT4の再起動が必要です。

 

では、再起動したMT4に、さっそくツールをセットしてみましょう。

まずは、お好みの通貨ペアの新規チャートを開きます。

ここでは例として、下図のようにUSD/JPYの5分足チャートを使ってみます。

 

【マルチタイムフレームインジケータとチャートテンプレートのセット方法】

先に、マルチタイムフレームインジケータとチャートテンプレートをセットしてみましょう。

下図のように、ご希望の通貨ペアと時間足で新規チャートをセットしましたら、チャート上のどこでも良いので右クリックします。メニューが現れますので、「定型チャート」にマウスオーバーします。するとまたメニューが現れますので、「読み込み」を選択して下さい。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図4

 

そうしますと、下図のように読込先の候補が出ますので、「horipage_MTF_White.tpl」を選択してください。

すると、下図のようにホワイトチャートとマルチタイムフレームインジケータがセットされます。

ちなみに、ブラックチャートが良い場合は「horipage_MTF_Black.tpl」を選んでください。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図5

 

【MT4クイックパイロットの設置方法と使い方】

続きまして、『MT4クイックパイロット』の設置方法と使い方の説明です。

前述しているように、『MT4クイックパイロット』と先ほどの『マルチタイムフレームインジケータチャート』は別々のシステムになりますので、

「チャートは自分で買った物を使い、クイックパイロットだけ導入したい」というのもOKです。

ですので、ここではMT4デフォルトのチャートをそのまま使って説明していきます。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図

 

ではまず、上図のように左側の「ナビゲーター」の中にある「エキスパートアドバイザ」の中に「mt4quickpilot_type●」というEAがあるか確認してください。(※3タイプご希望された方は3つEAがあります)

「エキスパートアドバイザー」の中に何も無い場合は、左はじが[+]になっているかもしれませんので、クリックして開き[-]にしてください。

EAがありましたら、それをチャート上にドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップとは、「mt4quickpilot_type●」を左クリックしたままチャート上まで持って行き、どこでも良いのでチャート上で左クリックを放してください。

すると下図のように、EAの確認事項が表示されますので、「パラメータの入力」を選択してください。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図2

 

基本的には、初期設定のままで良いですが、お使いの証券会社や通貨ペアによって「スプレッド上限値pips」は変えないといけないと思います。

例えば、お使いの証券会社の該当通貨ペアのスプレッド基準値に対して、プラス0.3~0.5pipsくらいにしておくと良いでしょう。

変える必要が無い場合は、そのまま「OK」をクリックすれば、もう『クイックパイロット』のセットは完了です。

 

※ここで注意点ですが、為替市場がお休みの土日の時間帯は、MT4時刻で言うところの金曜23:50から月曜00:00台になりますので、証券会社の案内値よりもかなりスプレッドが開きます。

ですので、土日に『クイックパイロット』をセットすると、下図のようにスプレッド警告が出たままになりますが、異常ではありませんので気にしなくて大丈夫です。

お話ししたように、お使いの証券会社の該当通貨ペアのスプレッド基準値に対して、プラス0.3~0.5pipsくらいにセットしておけばOKです。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図3

 

パラメータの調整方法ですが、

上図のように、チャート上のどこでも良いですので、右クリックしてください。

メニューが現れますので、「エキスパートアドバイザ」をマウスオーバーしてください。するとさらにメニューが現れますので、「設定」を選びます。

すると、最初のようにパラメータ項目が現れます。

変えたい項目の「値」をダブルクリックしますと、青く選択されますので、そこで数字を打ちこんでください。数字は必ず半角です。

数字を打ちこんだら、Enterキーを押して確定します。

そして「OK」をクリックすれば、パラメータ変更は完了です。

また、数字だけでなく、例えば「利用する」の項目をダブルクリックすると「利用しない」という選択肢も現れますので、お好きなほうを選択しEnterキーを押して確定します。

そして「OK」をクリックすれば、パラメータ変更は完了です。

また同じように、損益分岐ラインの色やマジックナンバーも変更できます。

 

【MT4クイックパイロットを使ったトレードの流れ】

MT4クイックパイロットは、パネルの見た目でもう分かりやすいですので、そのまま感覚的に使っていけると思いますが、もう少し具体的に解説していきます。

 

まず、MT4上で複数のチャート(複数の通貨ペア)を表示させて監視しながらトレードする場合、パソコンが一つの場合は、一個一個のチャートを小さく表示させると思います。

そうなりますと、クイックパイロットの操作パネルがジャマでチャートが見づらくなります。

そんな時は、下図のようにパネルを移動してお好みにセッティングしましょう。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図6

 

例えば上図のように、メインで売買する通貨ペアは少し横長チャートにして、クイックパイロットのパネルを全部表示しても邪魔にならないようにできますし、

監視用の通貨ペアであまり売買はしない通貨ペアの場合は、チャートを小さくして、クイックパイロットのパネルをバナーの部分以外は下にもぐらせてしまうと良いです。

また、エントリーだけはすぐに出来るように売り買いのボタンだけ見えるようにしても良いです。

もし監視用の小さいチャートの通貨ペアでトレードしたい場合は、チャートの最大化ボタンをクリックするだけで、下図のようにクイックパイロットのパネルも全表示されます。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図7

 

 

パネルの移動方法ですが、下図のように、『MT4 Quick Pilot』のバナー部分をドラッグ&ドロップするだけで好きな位置に持って行けます。

ただし、あまりに素早く動かすとついていけないので、ゆっくりドラッグ&ドロップで動かしてください。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図8

 

続いてエントリーの準備です。

まずはスプレッドを確認しましょう。

下図のように、パネルに表示されている「スプレッド」は、お使いの証券会社の該当通貨ペアの現在のスプレッド値が表示されています。

ですので、例えば変動スプレッド制の証券会社であれば、その数字は頻繁に変わります。

そして、そのスプレッド値がクイックパイロットで設定してある上限値を上回ると、赤色に変わって警告を出すと同時に、EAになっていますのでエントリーはブロックされます。

前述してあります通り、スプレッドは証券会社の案内値プラス0.3~0.5pipsくらいに設定しておくと良いでしょう。(パラメータでの変更方法も解説済みです)

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図9

 

 

次はロットの設定です。

下図のように、ロットの変更方法としては、上下の矢印ボタンをクリックして変更してもいいですし、数字を直接打ち込んで変えてもいいです。

数字を打ちこむ場合は、必ず半角で打ち込んでください。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図10

 

あとはエントリーするだけです。

「売 SELL」を一回クリックすれば、成り行きで売り注文が1つ入り、1ポジションショートでエントリーします。2回クリックすれば2ポジション持ちます。

同じく「買 BUY」を一回クリックすれば、成り行きで買い注文が1つ入り、1ポジションロングでエントリーします。2回クリックすれば2ポジション持ちます。

 

エントリーした後は、建玉数量・評価損益額・平均損益pipsを見ながら、増し玉したり決済のタイミングを待ったりします。

下の図は、説明上分かりやすくするために両建てでエントリーし、売りも買いも両方ポジションを持った場合の表示です。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図11

 

「全平均損益pips」は、現在のチャートだけでなく、他のチャートも含めて全ポジションの平均損益pipsを表示します。

複数ポジションを保有した場合は、合計ではなく「平均」で表示します。

左側が売りの分、右側が買いの分で、売り買いを分けて表示しています。

損益がマイナスの時点では、赤色の文字で表示し、左にマイナス記号もつきます。

損益がプラスになった時点では、青色の文字で表示します。

 

「全建玉数量」は、現在のチャートだけでなく、他のチャートも含めて全ポジションの建玉数量を表示します。

建玉数量とは、ロット×注文数です。

例えば、0.02ロットを5回クリックで注文して約定した場合は、0.02×5=0.10となります。

左側が売りの分、右側が買いの分で、売り買いを分けて表示しています。

 

「全評価損益」は、現在のチャートだけでなく、他のチャートも含めて全ポジションの評価損益金額を表示します。

円口座の場合は円で、ドル口座の場合はドル表示になります。

左側が売りの分、右側が買いの分で、売り買いを分けて表示しています。

損益がマイナスの時点では、赤色の文字で表示し、左にマイナス記号もつきます。

損益がプラスになった時点では、青色の文字で表示します。

 

価格差がある複数のポジションを持ちますと、下図のようにチャート上に

損益分岐点をラインで表示します。

緑色の破線は各エントリーポジションの位置です。

 

損益分岐ライン表示機能の説明図

 

 

注文が約定し、エントリーポジションを持つと、同時に下図のように

自動で損切り・利確注文が入り、赤色の破線でチャート上にライン表示されます。

 

エントリーと同時に利確・損切り注文が自動で入るEA

 

 

注文が入った後の、損切りライン・利益確定ラインは、上図のようにラインをドラッグ&ドロップすることで移動できます。

ですので例えば、マルチタイムフレームの上位足移動平均線のところに利確ラインを持って行ったり、

直近で意識されている底値のサポートラインを大きく下回ったところに損切りラインを置くなど、臨機応変に移動できます。

また、パラメータで損切りpipsと利益pipsの設定値が変更できることも、前述してあります。

 

最後は「一括決済ボタン」の説明です。

 

MT4クイックパイロットの使い方説明図12

 

複数のポジションをワンクリックで一括決済できます。

「現通貨ペア 一括決済」は、クイックパネルが設置してあるそのチャートの通貨ペアのみが一括決済されます。

ですので例えば、ドル円・ユーロ円・ポンド円を売っていたとして、「ポンドドルが強いからポンド円も反発するかもしれないので切っておこう」となった場合は、

ポンド円のチャートのクイックパネルで「現通貨ペア 一括決済」をクリックすれば、ポンド円のポジションのみが決済されて、ドル円・ユーロ円のポジションは保有したまま残ります。

そして、ドル円・ユーロ円の売りポジ分が十分利益が乗って、さらに押し下げた瞬間を引き付けて、そこで逃げたい場面では

「全通貨ペア一括決済」で、全保有ポジションを一括決済すると良いです。

 

他には、一つの通貨ペアを両建てしていたり、Aの通貨ペアは売りでBの通貨ペアは買いで持っている場合などで、

売りポジのみ決済したい場合は「売りポジ一括決済」が便利ですし、

買いポジのみ決済したい場合は「買いポジ一括決済」が便利です。

 

以上で、MT4クイックパイロットの使い方の説明は終わります。

ぜひこのEAをご活用いただき、

あなたの大切な資産を守ると同時に、

利益を増やしていただきたいと思います!

 

【MT4クイックパイロットの注意点】

このEAは、あなた様の口座専用に個別で作ります。「口座縛り」があり、他の口座では使えませんのでご注意くださいませ。

当サイトの紹介リンク経由で口座開設されていない場合は、口座番号の照会ができませんのでEAもお作りすることができません。

必ず以下の要領で、当サイトの紹介リンク経由で口座開設されてから、お申込みくださいませ。

 

【プレゼントのお申込み要領】

以下の紹介リンク経由で口座を開設していただき(既存アカウントでの追加口座でもOK)、

証拠金10万円以上をご入金され、その金額がご自分の管理画面に反映されましたら、下の専用フォームよりお申込みくださいませ。

MT4クイックパイロットが使える証券会社一覧

※新規口座でも、追加口座でもどちらでもOKです

GemForexの口座開設はこちら

XM Tradingの口座開設はこちら

Titan FXの口座開設はこちら

BigBossの口座開設はこちら

Tradviewの口座開設はこちら

 


 

MT4 Quick Pilot プレゼントお申込みフォーム

 

SSL送信で暗号化されますので安心です

【個人情報保護方針】
弊社では、お客様のご承諾を得た場合や法令等により正当な理由がある場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供または開示いたしません。また、個人情報の漏えいを防ぐための環境を常に整えております。

*は必須項目です


*お名前(名字やペンネームでも結構です)

 

*ご連絡用メールアドレス(直打ちではなくコピペしてください)


※送信いただくとすぐに確認の自動返信メールが届きます。もし届いていない場合は、少し時間差があって迷惑メールフォルダに入っている可能性もしくは、ご入力いただきましたメールアドレスが間違っている可能性がございます。その場合は、正しいメールアドレスでもう一度ご送信くださいませ。


*FX会社の選択(当サイトの紹介リンク経由での開設が必須)

GemForex
XM Trading
Titan FX
Bigboss FX
Tradview

 

*口座番号(複数可ですが全て当サイトの紹介経由での開設が必須)

 

*口座を開設された年月日

 


*クイックパイロットの色タイプ選択(最大3つまで可)

タイプ1:トリコロール タイプ2:ダーク タイプ3:ナチュラル
タイプ4:シルバー タイプ5:ピンク タイプ6:ブラウン
タイプ7:ブルー タイプ8:グリーン タイプ9:プラム

MT4クイックパイロット色タイプ一覧(縮小版原本)

 


*マルチタイムフレームチャートの要否

欲しい
要らない

 


*ご了承の上、チェックしてください

自己責任で利用いたします

 


(その他のご連絡事項があれば)




 

※もしフォームから送れない場合は、下記のメールアドレスへ直接メールでご送信くださいませ。
hhv4812hhv1973rc@theia.ocn.ne.jp

※返信メールを原則48時間以内にお送りしております。ご送信後48時間以上経っても返信が届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認後、お手数をお掛けいたしますが再送信をお願い申し上げます。またその際には、お電話番号をご明記いただけますと、メールが届かない旨お電話いたします。