早起きは三文の徳 USDCHF_M5

FXのEA2594番『早起きは三文の徳 USDCHF M5』を検証評価した結果

作者『KUROGO』さんのEA『早起きは三文の徳 USDCHF M5』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→59点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『早起きは三文の徳 USDCHF M5』は良いEAだと思うのですが、もう少し安定性とパフォーマンスがあると、なお良かったです。

プロフィットファクタは1.16ということで、合格ラインには届かず。

最大ドローダウンは1.54%:50.70ドルということで、まずまず低めに抑えられていて良いです。

資産推移のグラフですが、パッと見は右肩上がりで推移していて良いです。

トレード数が少ないグラフで拡大して見ている形になりますので、短期中期の波は目立ちますが、トレード数が多くなるグラフでしたらそこまで波は大きくないです。

それでも、プロフィットファクタの低さと利益額も少ないですので、不調期はより強く感じてしまうかもしれません。

そしてこの『早起きは三文の徳 USDCHF M5』は、いわゆる朝スキャEAであり、買いトレードに特化したEAです。

地合いの変化や証券会社の方針変更により、リスクが偏らないことを願います。

また、近年はフラン系の朝スキャEAが少し機能しにくい面もありますので、その点も心配なため、しばらくはGemForexのフォワードを観察して様子を見てみたいと思います。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:4点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:12点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:1点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『早起きは三文の徳 USDCHF M5』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2594番早起きは三文の徳 USDCHF M5のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.16

・最大ドローダウン:1.54%:50.70ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:74.63%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約111回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約2105円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:USD/CHF

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「KUROGO」さんの説明です↓)

本EA「早起きは三文の徳 USDCHF M5」は、USDCHF 5分足専用のデイトレEAです。

値動きが少ない時間帯にロングのみエントリーし、9時55分に決済します。

最小の0.01Lotにした場合、$14.17となるため、$40相当(1ドル130円場合、5,200円)の小資金からでも運用が可能です。
※ただし、資金には余裕を持たせることを推奨します。

本EAはUSDCHF 5分足専用のEAです。
他の通貨ペア、時間足にセットした場合、動作の保証ができかねます。

■特徴
・2008年のリーマンショックや2020年のコロナ相場を含む、2003.05.04 – 2022.04.30 と長期でバックテストを行っており、初期ロット時の最大ドローダウンが$992.52というパフォーマンスとなっています
・日本時間の早朝のみエントリーします
・決済:TP、SL、内部ロジック決済
・ナンピン、マーチンゲール:なし
・ロングのみエントリー
・仲値で決済するので、日々の持ち越しはありません
・年末年始(12月24日から翌1月8日)はエントリーを行いません

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『早起きは三文の徳 USDCHF M5』は良いEAだとは思うのですが、

もう少し安定感とパフォーマンスが欲しかったのと、

買いトレードに特化したフラン系の朝スキャEAで、機能性に不安が残るため今回はポートフォリオへの採用はいったん見送りといたしました。

早起きは三文の徳 USDCHF_M5

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方