Royal-Wide_AUDCAD

FXのEA2636番『Royal-Wide_AUDCAD』を検証評価した結果

作者『EA Designer』さんのEA『Royal-Wide_AUDCAD』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→92点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『Royal-Wide_AUDCAD』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタが2.77ということで、とても高くて良いです。

最大ドローダウンも1.66%:57.61ドルということで、低めに抑えられていて良いです。

資産推移のグラフも、中期・長期でキレイに右肩上がりに推移していて良いです。

短期では少し波はあるでしょう。

ここまで見るだけならとても良さそうなEAですが、心配な点もあります。

まずは、

朝スキャ系EAということで、だんだんとスプレッドが改悪されているGemForexで、どこまで機能してくれるかにかかっています。

ゲムフォレックスが案内値付近でなんとか留めてくれれば良いのですが・・・

それと、AUD/CADの通貨ペアでは、マイナススワップが大きい場合がありますので、日をまたぐトレードもあるという『Royal-Wide_AUDCAD』の場合は、

トレードによる差益で利益を大きく取らないと、マイナススワップによる苦しさとスプレッド拡大による苦しさのダブルパンチになりかねません。

せめて、その両方をゲムフォレックスが案内値付近できちんと保ってくれれば、良いEAになると思います。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:20点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:18点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Royal-Wide_AUDCAD』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2636番Royal-Wide_AUDCADのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:2.77

・最大ドローダウン:1.66%:57.61ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:76.29%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約546回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約21655円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:AUD/CAD

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「EA Designer」さんの説明です↓)

「Royal-Wide_AUDCAD」は、リーマンショックも乗り越えた長期運用に最適な優秀なEAです。15年以上のテストでPF2.53を達成。

リーマンショックを初めとした数々のショック相場やフラッシュクラッシュを乗り越えてきた、長期運用に最適な優秀なEAです。

15年以上の長期バックテストでPF2.53を達成しました。(GemForexの案内スプレッド値よりも厳しい値でテストしました)

PFとは「プロフィットファクタ」の略で、「総利益額と総損失額の比」になりますので、PFが高いほど利益効率の良いEAとなります。

もちろん、トレード数を絞りすぎたり、損切りしないナンピン・トラップ系ならPFはいくらでも高くできます。

ですが、このEAはナンピン・トラップ系の手法は使わず、王道のテクニカル手法を用いていますので、ロットさえ無理しなければ小資金の方にも安心してお使いいただけます。

15年以上の長期バックテストの結果(MT4のストラテジーテスターレポート)を、下のリンクからご覧いただけます。最大ドローダウンや資産推移のグラフなど、ご参考くださいませ。

・初期資金25万円でロット0.01で運用した場合→最大ドローダウンは7860円
https://www.ea-designer.com/img/royal-wide_audcad_0.01lots.jpg
(GemForexの案内スプレッド値よりも厳しい値でテストしました)

グラフのように、長期ではコツコツ確実に資産を増やしていけることがお分かりいただけると思います。

ただし、短期では少し大きめの負けもあると思いますし、大きめの勝ちもあると思います。一喜一憂されず、長期運用でご愛用くださいませ。

当EA「Royal-Wide_AUDCAD」は、類似の「Royal-○○」シリーズよりもエントリー対象の時刻帯を少し幅広く取り、一方でエントリーのテクニカル条件は少し絞っています。

最大同時保有ポジションは3つで、1つ目より二つ目、二つ目より三つ目、をより良い条件でエントリーします。

【使い方】

ご自身の資金量やリスク許容度に応じてロット(Lots)を調整されてください。

スプレッドの上限値(MaxSpread)ですが、そのままご使用いただいても結構ですし、もっと小さくされたい場合や、エントリーを多くするためにもっと大きくしたい場合など、各々で調整されてください。

ゲムフォレックスの案内値プラス1.5~4.0くらいが目安ですが、小さすぎればエントリーが少なくなりますし、大きすぎるとエントリーは増えますがスプレッド負けする可能性が出てきます。

様子を見ながら調整していきましょう。通貨ペアや時期によって変わりますが、あまりにも案内値と乖離が激しい場合は、皆様のほうからもゲムフォレックスに要望していきましょう。

利確・損切りに関するパラメータ調整は必要ありません。損益pipsではなく別のデータで管理しています。

■同じ作者『EA Designer』の全EA一覧は、下のリンクからご覧いただけます。
https://www.ea-designer.com/all/

■ゲムフォレックスは1つのアカウントで、5つまで簡単に口座を増やせますので、口座を分散・EAを分散することで損益が安定します。以下のリンクから口座が増設できます。
https://www.ea-designer.com/gem/

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Royal-Wide_AUDCAD』はバックテストの結果としてはとても良いEAなのですが、朝スキャの時刻帯のスプレッド拡大と、日またぎトレードの場合はマイナススワップも厳しい要素になります。

そこはゲムフォレックスの調整しだいになりますので、見極めてからEAを使ったほうが良いかもしれません。

Royal-Wide_AUDCAD

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方