Tokyo Fixing USDJPY Advance gf

FXのEA2649番『Tokyo Fixing USDJPY Advance gf』を検証評価した結果

作者『i-trade』さんのEA『Tokyo Fixing USDJPY Advance gf』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→83点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『Tokyo Fixing USDJPY Advance gf』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタが1.72と高いですし、最大ドローダウンも1.55%:46.67ドルということで低めに抑えられていて良いです。

資産推移のグラフですが、パッと見で長期は右肩上がりで良いです。

サブプライム・リーマンショック前後に一時的に低迷期も一部あったようですが、その後は中期短期でも安定的に見えます。

完全な朝スキャEAよりは、もう少し幅広い時刻帯でのトレードもありますので、リアルトレードとバックテストの相関性も朝スキャだけのEAよりは高いのではないでしょうか。

利益額はもう少し欲しい所ですが、エントリーも良く選別されており、ドローダウンが低めですので、ロットを少し高めで利益を狙いにいくことはできるでしょう。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:15点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:19点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:18点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:5点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Tokyo Fixing USDJPY Advance gf』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2649番Tokyo Fixing USDJPY Advance gfのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.72

・最大ドローダウン:1.55%:46.67ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:67.82%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約193回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約6160円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:USD/JPY

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「i-trade」さんの説明です↓)

「Tokyo Fixing USDJPY Advance gf」は、仲値トレードによるアノマリー1ポジデイトレEAです。

取引通貨:USDJPY
取引スタイル:デイトレード
取引時間軸:M5

【EA概要】
■トレード時間:日本時間深夜~早朝に買いでエントリーし日本時間9:55までに決済、または日本時間9:55に売りでエントリー
■エントリーロジック:RSI指標を用いてエントリーを判断
■決済ロジック:時刻決済、トレーリングストップ決済、RSI指標決済。
■ポジション保有時間:平均1~6h程度
■ポジション数:1
■両建て:なし
■ナンピン/マーチンゲール:なし/なし
■複利運用機能:有り
■TP:100pips(内部ロジックにより平均12pips程度)
■SL:100pips(内部ロジックにより平均14pips程度)
■勝率:60~70%程度
■リスクリワードレシオ:0.85程度
※成績はバックテストデータより
※バックテストではM1~D1のデータを使用しますので、各時間足データをご用意下さい。

【本EAの特徴】
・USDJPY特有の仲値決定時刻前後の値動きアノマリーを利用。
・平均利益が12pips程度とスキャルピングに比べ大きい為、スプレッドの影響を小さくできます。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Tokyo Fixing USDJPY Advance gf』は良いEAですので、ポートフォリオに加えて使っていけると思います。

Tokyo Fixing USDJPY Advance gf

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方