α-Scal Booster gf2

FXのEA2766番『α-Scal Booster gf2』を検証評価した結果

作者『i-trade』さんのEA『α-Scal Booster gf2』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→72点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『α-Scal Booster gf2』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタは1.41ということで、合格ラインを超えました。

最大ドローダウンも1.75%:54.57ドルということで、まずまず低めに抑えられています。

ですが、ものすごく低いというわけでもなく、そのわりにトータル利益が少し物足りない感じがしますので、もう少し利益があるとなお良かったです。

資産推移のグラフですが、とても長く見た長期では右肩上がりで良いのですが、中期で長い期間、不調期が続いている時期もあるのが気になるところです。

それでも、近年の数年間は安定感があるように見受けられますので、

作者さんとしても、直近の地合いとの相性を意識して作られたのかもしれません。

その特性にかけてこのEAを使うという判断も、アリかもしれません。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:8点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:14点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『α-Scal Booster gf2』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2766番α-Scal Booster gf2のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.41

・最大ドローダウン:1.75%:54.57ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:80.48%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約139回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約2625円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:EUR/USD

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「i-trade」さんの説明です↓)

このEA「α-Scal Booster gf2」は、1ポジ逆張りスキャルピングEAです。

取引通貨:EURUSD
取引スタイル:スキャルピング
取引時間軸:M5

【EA概要】
■トレード時間:MT4 1:00~23:50
■エントリーロジック:直近のトレンドとRSI指標を組み合わせたロジック
■決済ロジック:TPパラメータ値またはRSI指標の値による決済
■ポジション保有時間:平均2h程度
■ポジション数:片側最大1ポジション
■両建て:設定により有り
■ナンピン/マーチンゲール:なし/なし
■複利運用機能:設定により有り
■TP:5pips(5分足確定時に決済)
■SL:40pips
■勝率:70~80%程度
■リスクリワードレシオ:0.5程度
※成績はバックテストデータより
※バックテストではM5/D1のデータを使用しますので、各時間足データをご用意下さい。

【本EAの優位点】
・4通貨ペアでのポートフォリオにより安定的に利益を狙います。
・片側1ポジションの為リスクを限定できます。
・MT4時間0時台にはエントリーを行わない為、スプレッド拡大の影響を受けにくい仕様となっております。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『α-Scal Booster gf2』は直近の地合いと合う良いEAだと思うのですが、もう少し長期でのパフォーマンスと安定感があると、なお良かったです。

当サイトのポートフォリオとしては、いったん見送りになると思います。

α-Scal Booster gf2

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方