W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM

FXのEA2807番『W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM』を検証評価した結果

作者『Leverage』さんのEA『W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→71点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタは1.45ということで、普通に合格ラインを超えました。

最大ドローダウンは2.78%:92.26ドルということで、まずまず低めに抑えられています。

資産推移のグラフですが、パッと見の長期では右肩上がりで良いです。

トレード数が少なめのグラフですので、少し拡大して見る形にはなっているわけですが、ドル円という通貨ペアを考えると、もう少し中期の波が小さいと、なお良かったです。

それでも短期の波は小さいですし、長期トータルの利益額はまずまずですので、

トレンドフォロー型EAの特性を理解し、長期マインドで運用できれば、良いEAになると思います。

一般的なEAの中では優秀な部類に入ると思います。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:9点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:12点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2807番W-1 USDJPY 1H Ver2_GEMのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.45

・最大ドローダウン:2.78%:92.26ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:50.17%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約112回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約9503円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:USD/JPY

・チャートの使用時間軸:1時間足

 

(↓以下は作者「Leverage」さんの説明です↓)

このEA「W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM」は、ロットとマジックナンバーを設定するカンタン設定です。

W-1 USDJPY 1H Ver2_GEMは、1時間足の一定期間の高値安値をブレークして、4時間足でトレンドが始まるタイミングを狙ってエントリーします。

損切りや利食いは、エントリーと同時にストップロスやテイクプロフィットが入ります。
それとは別に内部ロジックでの決済を設定しています。

【バックテスト】

期間
2010年1月1日~2022年8月31日

・初期証拠金1,000,000JPY
・スプレッド16pips
・ロット0.2

・純益 2,086,429
・最大ドローダウン 148,373
・PF 1.54
・リカバリーファクター 14.0

・平均勝トレード 8,366
・平均敗トレード -5,481
・勝率 50.25%

詳し結果を見たい方は↓
https://onl.sc/7kNGixQ

W-1 GBPJPY 1H Ver2_GEM
https://gemforex.com/platform/ea/ea_2804.html

W-1 EURJPY 1H Ver2_GEM
https://gemforex.com/platform/ea/ea_2809.html

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM』は良いEAですのでポートフォリオの候補に入れてもいいと思います。

ただ、ドル円で他の優秀なEAと比べると、そこまで特筆するレベルでもないですので、ゲムフォレックスのフォワードをしっかり観察してから判断したほうがいいかもしれません。

W-1 USDJPY 1H Ver2_GEM

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方