Spider_Trader_EURJPY_ver2

FXのEA1181番『Spider_Trader_EURJPY_ver2』を検証評価した結果

作者『Natsu』さんのEA『Spider_Trader_EURJPY_ver2』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→53点/(100点満点中)

検証評価コメント:

この「Spider_Trader_EURJPY_ver2」は、バックテストの数字ほど良いEAではありません。

お気付きの通り、トレード回数が少ないです。

それも、数字の見た目以上に少ないです。

バックテストを見ると、年間60回くらいトレードしているように見えますが、実際の売買履歴を見てみると、エントリーチャンスにおいて、少し時間をずらしながら4つほどポジションを持ちます。

つまり、実際のエントリータイミングとしては、年間60回のさらに4分の1くらいなのです。

だから、ゲムフォレックスのフォワードテストの結果を見ると、半年で3回くらいしか資産が動いていないわけです。

作者さんが、とにかくプロフィットファクタだけを意識してしまったのかどうかは分かりませんが、せっかくプロフィットファクタが高いのに、エントリータイミングを絞りすぎているのではないかと思います。

さらに、ポジションはほとんどが買いで、売りはゼロに近いです。

もう少しフィルタを緩めて、エントリータイミングを多くすれば、もっと利益も伸びるし最大ドローダウンも下げられるのではと感じました。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:20点/(20点満点中)

最大ドローダウン:5点/(20点満点中)

1年間の取引数:5点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:18点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:2点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:3点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Spider_Trader_EURJPY_ver2』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1181番Spider_Trader_EURJPY_ver2のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:5.34

・最大ドローダウン:8.66%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約60回

・使用通貨ペア:EUR/JPY

・使用時間足:15分足

(↓以下は作者「Natsu」さんの説明です↓)

本 EA は、「SpiderLine」というインジケータを用いた EA となります。このインジケータで短期・長期的なトレンドを把握し、トレンドが発生していると判断された際にエントリーを行います。

利食いは内部ロジックにおけるトレーリングストップにより、損切りは上記インジケータにおいて長期的なトレンドが反転したと判断された際、もしくは自動決済日時が経過した際に行われます。

これにより前 ver に比べ安定度が増した分、取引数が少なくなっております。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、「Spider_Trader_EURJPY_ver2」はバックテストの利益自体は悪くありませんが、とにかくエントリータイミングの数が少なすぎて、カーブフィッティングで偶然性の可能性が高いかも?という疑念が残ります。

エントリータイミングを絞ったわりに、勝率がものすごく高いわけでもないですし、残念ながら個人的には使いたいと思えないEAでした。

Spider_Trader_EURJPY_ver2

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧