Longinus

FXのEA1184番『Longinus』を検証評価した結果

作者『亀吉』さんのEA『Longinus』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→64点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『Longinus』は、悪いEAではないと思うのですが、良いEAでもありません。

やはりプロフィットファクタが低いのがネックです。

バックテストの売買履歴を見ると、サブプライムショックからリーマンショックの余波がある時期までの成績が、だいぶ悪いですね。

その時期のパフォーマンスの低さが、全体の足を引っ張っていると思います。

ただし、それを抜きにしても、スイング系ですし、根気がいるのと、リスクも覚悟が必要です。

勝率は低いですので、長くズルズル落ちていく時期もあります。

そこから、ドカーン!とブレイクしてトレンドに乗って稼ぐのを、楽しみに待てるかどうかです。

ということは、反対に言えば「不調期回避戦略」が使いやすいとも言えます。

フォワードテストのデータが蓄積されてくれば、波が読みやすいと思います。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:4点/(20点満点中)

最大ドローダウン:10点/(20点満点中)

1年間の取引数:16点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Longinus』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1184番Longinusのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.22

・最大ドローダウン:9.41%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約120回

・使用通貨ペア:GBP/USD

・使用時間足:15分足

(↓以下は作者「亀吉」さんの説明です↓)

喜んでもらえるようなEAの開発を心がけています。

GBPUSD 専用のスイングタイプの EA となります。

TP が 995pips と大きく、時にメガトン級の利益を狙う EA となっております。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、やはりプロフィットファクタが低いのと、最大ドローダウンも高めですので、そのまま回しっぱなしでは使わないほうがいいEAです。

不調期回避戦略」の候補に入れておいて、時々GEMフォレックスのフォワードテストのグラフをチェックし、不調期を消化したタイミングで回して、ドカーンと稼いだらサッと止めて逃げましょう。

Longinus

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧