PivotSqueeze_V2

FXのEA1209番『PivotSqueeze_V2』を検証評価した結果

作者『為替料理人』さんのEA『PivotSqueeze_V2』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→67点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『PivotSqueeze_V2』は、残念ながら使いづらいEAです。

プロフィットファクタと勝率が高く、最大ドローダウンが低いので、ロットを上げていけるという良さはあるのですが、根本的な問題としてトレード回数が少なすぎます。

通貨ペアの設定が三つありますので、そのすべてで回すという前提なのでしょうが、それでも少なすぎます。

1年間で10回にも満たないのですから、これでは利益が積み上がっていきません。

もし仮に勝率が100%ならロットをガッツリ上げても良いでしょうが、そこまでの勝率はありませんし、外れた時の痛みが大きいです。

ここまでトレード回数が少ないと、ロジックその優位性そのものも疑わないといけません。

カーブフィッティング(偶然性)の要素が高いバックテストの結果だと思われます。

さて、PivotSqueeze_V2は、使い方にも注意が必要です。

このEAには専用のインジケータ(Pivot.ex4)が必要です。マニュアル内のリンクからダウンロードして、カスタムインジケータフォルダに格納してください。

ロットの入力も特殊で、単利 の場合は固定ロットをマイナス値で入力します。例えば、単利で0.01で運用したい場合は、「-0.01」と入力します。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:20点/(20点満点中)

最大ドローダウン:19点/(20点満点中)

1年間の取引数:1点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:18点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:7点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:2点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『PivotSqueeze_V2』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1209番PivotSqueeze_V2のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:2.06

・最大ドローダウン:0.47%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約8回

・使用通貨ペア:EUR/USD、GBP/USD、XAUUSD

・使用時間足:30分足

(↓以下は作者「為替料理人」さんの説明です↓)

独自インジケータ内蔵のピボットEAです。過剰最適化をしていないので、飛び抜けた成績ではありません。ただし現実的な成績となっています。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、個人的にはちょっと使うのが怖いですし、トレード回数の少なさから利益効率も悪いので、使うのは見送るEAです。

PivotSqueeze_V2

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧