gbpusd-manager

FXのEA1261番『GBPUSD-Manager』を検証評価した結果

作者『Forex Manager』さんのEA『GBPUSD-Manager』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→83点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『GBPUSD-Manager』は、バックテストのデータだけを見たら、「普通に良いEA」に見えますが、通貨ペアがポンド・ドルということを考えると、かなり優秀なEAです。

ポンドは原油先物に大きな影響力があり、同じくシェールオイルがあり経済規模が巨大なアメリカも、原油先物のほか実需の為替変動が大きいです。

ですので、テクニカル指標を見てトレードする仮需のような規則的な動きが少なく、不規則に値動きが大きいのがポンド・ドルの特徴です。

それゆえに、FXでは難しい通貨ペアと言われます。

そんな中で、プロフィットファクタを1.7という高いレベルで確保しつつ、資金30万円ロット0.01の時の最大ドローダウンが3.00%に抑えられているのは、すごいと思います。

もちろん、それでエントリーの選別が強すぎてトレード回数が少ないと、利益が乗っていきませんが、年間160回で十分ですし、実際に利益額も高いです。

資産グラフでは、一部低迷期もありますが、ポンド・ドルでこれだけ安定的ならば安心できます。

もちろん単独で回さないで、他のEAと組み合わせて使いましょう。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:15点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:17点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:9点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『GBPUSD-Manager』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1261番GBPUSD-Managerのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.75

・最大ドローダウン:3.00%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約160回

・使用通貨ペア:GBP/USD

・使用時間足:5分足

(↓以下は作者「Forex Manager」さんの説明です↓)

王道のテクニカル手法とエントリーポイントの選別により、高いプロフィットファクタ(利益/損失の比)と、低い最大ドローダウン(一時的に失う金額の最大値)を実現しました。

小資金の方にも安心して使っていただけます。

2007年1月から10年間以上のバックテストにて、プロフィットファクタは【1.75】を叩き出しました。

リーマンショックを含む、数々の金融危機を難なく乗り切ってきた優秀なEAです。

もちろん、取引数も1662回と、十分な回数です。

また、最大ドローダウンですが、例として初期資金30万円で運用した場合、

・ロットが0.01の時の最大ドローダウン→3.00%
・ロットが0.10の時の最大ドローダウン→17.49%
・ロットが1.00の時の最大ドローダウン→33.38%

となり、小資金の方にも安心して使っていただけるEAとなっております。

※バックテストのストラテジーレポートは、マニュアル内に貼り付けてあります。

トレードのイメージとしては、エントリーポイントをきちんと選別し、数日に一回、売りと買いをバランス良くトレードします。

デイトレードですので、変に持ち越すことなく淡々と利確・損切りして、利益を積み上げていくEAとなっております。

短期的には好不調あると思いますが、長期運用に向いていますので、末永くご利用くださいませ。

※ナンピン・マーチン・両建て・トラップ系ではありませんのでご安心ください。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『GBPUSD-Manager』は、ぜひ使いたいEAです。

GBP/USDは難しい通貨ペアですので、なかなか良いEAが無いのですが、『GBPUSD-Manager』はポートフォリオの貴重な構成要員になると思います。

分散は自動売買においてとても重要ですので、こういうEAがあると助かります。

あなたにも、ぜひおすすめしたいEAです。

gbpusd-manager

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧