WaveChargeGJ

FXのEA1282番『WaveChargeGJ』を検証評価した結果

作者『みつるぎ』さんのEA『WaveChargeGJ』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→61点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『WaveChargeGJ』は、利益はとても良いのですが、弱点として、資産推移に長い不調期があることと、最大ドローダウンがやや高めということです。

利益自体は本当に良いです。

ですが、資産グラフをご覧いただいて分かる通り、2・3年不調期が続く時期があります。

これは再びやってくる可能性が高いですので、それを覚悟の上で使うことと、他のEAと組み合わせて好不調期の波を打ち消し合うようにポートフォリオを組みましょう。

最大ドローダウンもやや高めですので、最小ロットでも資金は50万円以上ないと安心できないと思います。

30万円で8%ですので、それ以下の資金の方はこのEAは使わない方が無難です。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:5点/(20点満点中)

最大ドローダウン:15点/(20点満点中)

1年間の取引数:17点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:15点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:3点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:6点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『WaveChargeGJ』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1282番WaveChargeGJのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.26

・最大ドローダウン:8.08%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約170回

・使用通貨ペア:GBP/JPY

・使用時間足:1時間足

(↓以下は作者「みつるぎ」さんの説明です↓)

長期にわたり低ドローダウンで利益を積み上げるトレンドフォロー型EA。

MA&ボリンジャーバンド&一目均衡表を組み合わせたカスタムロジック。

マルチ・タイム・フレームをロジックに応用。

長期トレンドの発生、方向の計測を行い、短期で的確なトレードを行う。

買い・売りロジックは独自でトレンドの発生計測を行っており、従来のEAより高い収益性を目標に設計。

買い・売り、OPEN・CLOSEの4つのロジックはお互いに影響を与えない2タイプ、4ロジック。

トレーリングストップは標準で装備。

改定内容:

バックテストとフォワードテストの差を縮めるためロジックの改定を実施。

高精度のヒストリカルデータによるバックテストを実施。

WaveCharge GJ の主な特徴:

・トレンドフォロー型EA。

・設定はマジックナンバーとロット数のみの簡単設定。

・売り、買いそれぞれ独立したカスタムロジックを組み込み複雑な相場に対応。

・だましの少ない1時間足を使用する為、短期~中期売買タイプの比重を高めた仕様。

・使用頻度の高いロジックをベースにし、相場への適合性を高める。

・利益が伸ばせる相場では、トレーリングストップ機能を使い損小利大を目指す。

・1千枚通貨&1万枚通貨に対応し、少ない資産での運用も可能。

・売り、買い独立したロジックのため最大で2ポジション(両建て)が発生します。両建て不可の証券会社では取引できません。

・ナンピン、ピラミッティング、マーチンゲールは行いません。

・未知の相場への適合性を高めるため、過剰なフィルターは未使用。

・トレーリングストップパラメータは、過度な変動相場を除外した上で変動幅を平均化し決定。

・他のEAとのポートフェリオの組み込みを意識し、機能は最小限にとどめ、処理のレスポンスを高めた仕様です。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、個人的には『WaveChargeGJ』を無理に使うことはないと思います。

ポンド円の通貨ペアでスイング系・トレンドフォロー系のEAは、もっと成績が良い他のEAがありますので、このEAはポートフォリオの選択肢には入ってきません。

 

WaveChargeGJ

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧