AUDJPY-Manager

FXのEA1288番『AUDJPY-Manager』を検証評価した結果

作者『Forex Manager』さんのEA『AUDJPY-Manager』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→83点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『AUDJPY-Manager』は普通に良いEAです。

飛び抜けた特徴はありませんが、バランスも良く、無難なEAです。

プロフィットファクタも高いですし、最大ドローダウンも小さいですので、小資金の方でも使えます。

取引回数は特別多くありませんので、爆発的な利益の積み上げもそこまでは無いでしょう。

資産グラフを見ると、数か所に一時的な大きめの凹みがあります。

売買履歴を見ると、リーマンショック後の金融政策の影響と、東日本大震災のあとの「有事の円買い」とそれに対抗する「G7の協調介入」で波乱になったようです。

ま~それらも乗り越えていますし、めったに無い大事ですので、仕方のないところでしょう。

EAの基本性能が悪いわけではないですし、長い不調期もありませんので、問題無いと思います。

さて、AUDJPYは同じTPP圏内の通貨ペアですし、アジアで信頼のおける数少ない民主主義国家のオーストラリアですから、政治経済ともに交流と貿易量はこれからも増えるでしょう。

注目しておきたい通貨ペアであり、EAです。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:16点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:18点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:7点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『AUDJPY-Manager』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1288番AUDJPY-Managerのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.84

・最大ドローダウン:3.48%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約141回

・使用通貨ペア:AUD/JPY

・使用時間足:5分足

(↓以下は作者「Forex Manager」さんの説明です↓)

王道のテクニカル手法とエントリーポイントの選別により、高いプロフィットファクタ(利益/損失の比)と、低い最大ドローダウン(一時的に失う金額の最大値)を実現しました。

小資金の方にも安心して使っていただけます。

2007年1月から10年間以上のバックテストにて、プロフィットファクタは【1.84】を叩き出しました。

リーマンショックを含む、数々の金融危機を難なく乗り切ってきた優秀なEAです。

もちろん、総取引数も1419回と、十分な回数です。

また、最大ドローダウンですが、例として初期資金30万円で運用した場合、

・ロットが0.01の時の最大ドローダウン→3.48%
・ロットが0.10の時の最大ドローダウン→17.02%
・ロットが1.00の時の最大ドローダウン→27.88%

となり、小資金の方にも安心して使っていただけるEAとなっております。

※バックテストのストラテジーレポートは、マニュアル内に貼り付けてあります。

トレードのイメージとしては、エントリーポイントをきちんと選別し、数日に一回、売りと買いをバランス良くトレードします。

デイトレードですので、変に持ち越すことなく淡々と利確・損切りして、利益を積み上げていくEAとなっております。

短期的には好不調あると思いますが、長期運用に向いていますので、末永くご利用くださいませ。

※ナンピン・マーチン・両建て・トラップ系ではありませんのでご安心ください。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『AUDJPY-Manager』は普通に良いEAですので、ポートフォリオに含めて使っていきたいです。

プロフィットファクタが高く、最大ドローダウンも小さいですので、小資金の方でも使えるでしょう。

AUDJPY-Manager

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧