BandCross3 EURUSD V9

FXのEA1335番『BandCross3 EURUSD V9』を検証評価した結果

作者『BandCross』さんのEA『BandCross3 EURUSD V9』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→81点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『BandCross3 EURUSD V9』は、大きな利益は見込めませんが、安定感のある良いEAだと思います。

プロフィットファクタが1.62ということで、とても高いですし、最大ドローダウンも1%を切っていますので、小資金の方でも安心して使えます。

そして資産グラフの推移も、短期的には波がありますが中長期ではとてもきれいな右肩上がりで安定感があります。

ここまではとても良かったのですが、欠点としては取引回数の少なさです。

年間約110回ですと、せっかくプロフィットファクタが高くてドローダウンが低くても、なかなか利益は伸びていきません。

とは言っても、安定感がありますので、ロットを上げていけば比例して利益も多くなりますので、しばらく運用して慣れてきたらロットを上げて利益を追求しても良いでしょう。

 

■個別項目評価採点

プロフィットファクタ:12点/(20点満点中)

最大ドローダウン:20点/(20点満点中)

1年間の取引数:11点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:19点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:9点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『BandCross3 EURUSD V9』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1335番BandCross3 EURUSD V9のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.62

・最大ドローダウン:0.90%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約110回

・使用通貨ペア:EUR/USD

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「BandCross」さんの説明です↓)

当自動売買ソフトウェア(EA)の特徴を詳しくお伝え致します。

1. 動作

Bandcross3 は比較的相場が落ち着いている時に短期トレンド方向にエントリーする MT4 用の自動売買プログラムです。

日本時間の昼間にエントリーし当日の米国重要指標発表前にクローズするデイトレードを行います。

トレンド判定/エントリーには統計的分析と各種フィルタを併用したロジックを採用し、クローズはポジション毎に設定するリミット/ストップ以外に目標利益を確保したときに自動的に決済を行う AutoClose 機能と当日の決められた時刻で決済するディクローズ機能を実装しています。

また、エントリー可能時間終了後はセーフモードを発動し目標利益を減らしかつリアルタイムで決済を行う早期手仕舞いによってリスク回避を計っています。

あわせて Spread 分を目標利益から減じることで利確チャンスを逃さない SpreadOff 機能を追加しました。

最大ポジション数は初期値 1 となっていますが、複数ポジションにすることも可能です。

複数ポジションで運用する場合もナンピンによるエントリーは行わず利益拡大のチャンスと判断した場合のエントリーに限定し、相場が逆行した場合にポジションを増やして損失を拡大することのないようにしています。
なお、単利運用のみでありロット数は初期値 0.10 となっています。

(1) 通貨ペア:EURUSD 専用

(2) チャート:5分足(M5)にてご使用ください

(3) Magic ナンバー :4051210、他の EA と重複しないようにしてください。

(4) エントリー可能時間:
火曜~金曜の日本時間 9:00~16:00 (欧州冬時間の期間)
火曜~金曜の日本時間 8:00~15:00 (欧州夏時間の期間)

(5) デイクローズ時刻:
日本時間 21:00 (欧州冬時間の期間)
日本時間 20:00 (欧州夏時間の期間)

(6) BandCross インジケータ
BandCross3 を 5分足チャートで稼動すると画面右上に表示が出て現在の EA の動作状況を確認することができます。

① サーバ時刻、エントリー可能時間は白可能時間以外はグレー表示

② エントリーインジケータ、売買条件の成立度合いを示します。
・ピンク色(左側)が 5つ揃うと Buy エントリー
・水色(右側)が 5つ揃うと Sell エントリー

③ オーダ数/プロフィット表示

④ 保有ポジションの平均コスト

⑤ 利益確定の AutoClose 実行プライス (通常時は 5分足クローズ確定値と比較して実行、セーフモード時は利益確保した時点で実行)

⑥ 損切りの AutoClose 実行プライス (5分足クローズ確定値と比較して実行)

⑦ セーフモード表示、セーフモード実行中 On、通常時 Off

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『BandCross3 EURUSD V9』は安定感があって良いEAですので、ぜひポートフォリオに入れて使っていきたいと思いました。

BandCross3 EURUSD V9

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧