advanced_SCAL_USDJPY_M5

FXのEA1410番『advanced_SCAL_USDJPY_M5』を検証評価した結果

作者『TryStar』さんのEA『advanced_SCAL_USDJPY_M5』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→60点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『advanced_SCAL_USDJPY_M5』は、トータルの純利益だけ見ると、一見とても良いEAに見えますが、注意が必要です。

まず、プロフィットファクタが1.32ということで合格ラインぎりぎりです。

最大ドローダウンが大きめで、資産グラフの推移もちょっと不安定です。

トータルの利益額が大きいのに、なぜそうなるのか?

利益額を押し上げているのは、取引回数の多さです。

12年間で15000回以上、1年間あたり1300回以上ですので、かなりの多さです。

これが「エントリーポイントの多さ」ならまだいいのですが、売買履歴を見てみると、かなり固め打ち的なエントリーに見えます。

多くの場合、同時保有ポジション数は10ポジションのようです。少ない時でも4ポジションなど、とにかく同時保有ポジション数が多いEAです。

そして、多くの保有ポジションを同時に決済するために、最大ドローダウンがかなり大きめになります。

下図のバックテストの資産グラフは、12年間の長期で、取引回数が15000回以上もありますが、普通だとそれだけ多くなると横軸が圧縮されますので、グラフはかなり滑らかに見えるものです。

ですが『advanced_SCAL_USDJPY_M5』のグラフは、取引回数が15000回以上もあるにもかかわらず、荒れて見えます。

これですと、中期短期でみたらものすごく波が大きくなってしまいます。

最小ロットで回しても、同時に10ポジション損切りしたら、ドローダウンがかなり大きくなるのは避けられません。

ですので特に小資金の方は、回しっぱなしにされないで、不調期回避戦略で運用していくのが良いと思います。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:6点/(20点満点中)

最大ドローダウン:8点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:12点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:6点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『advanced_SCAL_USDJPY_M5』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1410番advanced_SCAL_USDJPY_M5のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.32

・最大ドローダウン:12.59%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約1305回

・使用通貨ペア:USD/JPY

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「TryStar」さんの説明です↓)

このEAは実績があり、大きく利益を伸ばします!

取引通貨: USD/JPY
取引スタイル:スキャルピング
取引時間軸:5分足

【概要】
○全体のトレンド方向を複数の指標で判断し、エントリーします。
○2つのロジックにより、複数ポジションを持ち、トレーリングストップにて、大きく利益を狙います。
○安全性、安定性から、日本時間の4:30~9:30にエントリーします。(24時間表記)

※ナンピン、マーチンゲールのロジックは使用しておりません。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『advanced_SCAL_USDJPY_M5』は一見すると利益がとても多くて良いEAに見えるのですが、同時保有ポジション数が多いことが要因になっています。

同時に損切りする数も多いですので、最大ドローダウンも大きくなります。

特に小資金の方は、不調期回避戦略を使い、ロットを安全に運用していくようにされるとよろしいと思います。

advanced_SCAL_USDJPY_M5

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧