gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15

FXのEA1421番『gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15』を検証評価した結果

作者『TryStar』さんのEA『gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→59点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15』は、残念ながらちょっと使いづらいEAになると思います。

まず、プロフィットファクタが1.07ということで低すぎます。

最大ドローダウンは低めに抑えられていますし、トレード回数もそこそこありますので、もう少しエントリーのロジックを調整して選別し、プロフィットファクタを上げてほしかったです。

そうなれば、資産推移のグラフも安定感が増したと思います。

10年間以上の長期のバックテストで、前半と後半でまったくパフォーマンスが違っています。

例えば、短期的な波はあっても良いのですが、中長期でここまで差があると、不調期回避戦略が使いづらいので、なかなか活用しにくいEAとなってしまいます。

残念ながら『gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15』はポートフォリオへの採用は見送りとなりました。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:1点/(20点満点中)

最大ドローダウン:12点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:10点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:6点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1421番gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.07

・最大ドローダウン:8.23%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約286回

・使用通貨ペア:USD/JPY

・使用時間足:15分足

 

(↓以下は作者「TryStar」さんの説明です↓)

とにかく長く使って下さい。ほとんど負けません。

取引通貨:USD/JPY
取引スタイル:スキャルピング
取引時間足:M15

・USD/JPYのM15のスキャルピングです。
・エントリー条件に合えば、終日エントリーします。
・内部ロジックによるトレーリングストップで決済します。

※ナンピン、マーチンゲールは使用しておりません。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15』は使いづらいEAで、不調期回避戦略での運用も難しいですので、ポートフォリオへの採用は見送りといたしました。

gee_Intezza_SCAL_USDJPY_M15

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧