blue-whales-USDJPY-H1 V1

FXのEA1441番『blue-whales-USDJPY-H1 V1』を検証評価した結果

作者『STP』さんのEA『blue-whales-USDJPY-H1 V1』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→61点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『blue-whales-USDJPY-H1 V1』は悪いEAではないのですが、もうワンランク上のパフォーマンスがほしいところでした。

最大ドローダウンは2.85%で低めに抑えられていて良いのですが、プロフィットファクタが1.21ということで、もう一歩です。

取引回数も少なめです。

トレンドフォロー型ですので、勝率は低くても良いですが、あまりに低すぎるために、プロフィットファクタが上がらないですし、

トレンドフォロー型はプロフィットファクタをすごく高くするのが難しいですが、それでもトレード数で利益を上げていかないと、やはり純利益を見ると魅力が小さいです。

また、資産推移のグラフを見ても典型的なトレンドフォロー型ですが、短期の波はしかたないにしても、中期でも波が大きく低迷期が長引いていますので、ちょっと使いづらい感はあります。

『blue-whales-USDJPY-H1 V1』は基本的には無理に使いたくないEAですが、フォワードテストを時々チェックして、不調期をだいぶ消化したタイミングが見つかったならば、不調期回避戦略で使うのはありかもしれません。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:4点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:11点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:12点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:6点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『blue-whales-USDJPY-H1 V1』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1441番blue-whales-USDJPY-H1 V1のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.21

・最大ドローダウン:2.85%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約114回

・使用通貨ペア:USD/JPY

・使用時間足:1時間足

 

(↓以下は作者「STP」さんの説明です↓)

長期安定運用を目指したEAの第3弾:スイングタイプ。

MT4にデフォルトで備わっている、メジャーなインジケータを利用した手法での、トレンドを狙ったエントリーを行い、複数のロジックでの決済を行います。

損小利大タイプのEAです。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『blue-whales-USDJPY-H1 V1』は悪いEAではないのですが、かといってポートフォリオへ入れたくなるEAでもないのが現状です。

もし使うとしたら、不調期の消化をしっかり待ってから、不調期回避戦略で使うと良いでしょう。

blue-whales-USDJPY-H1 V1

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧