Royal-GBPUSD

FXのEA1446番『Royal-GBPUSD』を検証評価した結果

作者『EA Designer』さんのEA『Royal-GBPUSD』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→93点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『Royal-GBPUSD』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタが3.02と高く、トレード回数も多いですので、その分利益も多くなっていきます。

ただ、総利益が多いEAのバックテストで最大ドローダウンが2%台ということは、金額ベースのドローダウンとしては少し大きめになるかもしれません。

資産グラフの推移としてはとてもキレイな右肩上がりですが、総取引回数が多いので横軸が圧縮されていますので、短期的な波が見えにくくなっています。

短期では少し大きめの負けもあると思いますので、ロットを無理せず運用する必要があると思います。

もちろん長期運用では良いEAだと思います。

『Royal-GBPUSD』は、ポートフォリオに入れて良い、おすすめできるEAです。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:20点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:19点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Royal-GBPUSD』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1446番Royal-GBPUSDのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:3.02

・最大ドローダウン:2.21%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約680回

・使用通貨ペア:GBP/USD

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「EA Designer」さんの説明です↓)

10年以上の長期バックテストで PF3.01を達成しました。

長期運用に最適な、優秀なEAです。

PFとは「プロフィットファクタ」の略で、「総利益額と総損失額の比」になりますので、PFが高いほど利益効率の良いEAとなります。

もちろん、トレード数を絞りすぎたり、損切りしないナンピン・トラップ系ならPFはいくらでも高くできます。

ですが、このEAはナンピン・トラップ系の手法は使わず、王道のテクニカル手法を用いていますので、ロットさえ無理しなければ小資金の方にも安心してお使いいただけます。

また、固め打ち手法ではなく、年間約680回という多くのトレード数がありますので、それに比例して利益も多く得ることができます。

10年以上の長期バックテストの結果(MT4のストラテジーテスターレポート)を、下のリンクからご覧いただけます。

最大ドローダウンや資産推移のグラフなど、ご参考くださいませ。

・初期資金5000ドル(50万円)でロット0.01で運用した場合の最大ドローダウン→1.38%
https://www.ea-designer.com/img/royal-gbpusd-lot0.01.png

・初期資金5000ドル(50万円)でロット0.1で運用した場合の最大ドローダウン→9.01%
https://www.ea-designer.com/img/royal-gbpusd-lot0.1.png

・初期資金5000ドル(50万円)でロット1.0で運用した場合の最大ドローダウン→20.15%
https://www.ea-designer.com/img/royal-gbpusd-lot1.0.png

グラフのように、長期ではコツコツ確実に資産を増やしていけることが、お分かりいただけると思います。

ただし、短期では少し大きめの負けもあると思いますし、大きめの勝ちもあると思います。一喜一憂されず、長期運用でご愛用くださいませ。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Royal-GBPUSD』はプロフィットファクタが高く、トレード回数も多い良いEAですので、ポートフォリオにおすすめできると思います。

ただし、金額ベースとしての最大ドローダウンは、短期では少し大きくなる時もあると思いますので、ロットを無理しないで長期目線で使っていきましょう。

Royal-GBPUSD

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧