Vetanius for AUDCAD Ver2

FXのEA1622番『Vetanius for AUDCAD Ver2』を検証評価した結果

作者『EA daisuke』さんのEA『Vetanius for AUDCAD Ver2』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→82点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『Vetanius for AUDCAD Ver2』は良いEAだと思います。

プロフィットファクタが1.51と高く、最大ドローダウンも3.05%ということで低めに抑えられています。

資産推移のグラフも、長期では右肩上がりで良いです。

ただ、所々で短期中期で波がある場合もありますので、小資金で怖いと言う方は、不調期回避戦略を使って運用していくと良いでしょう。

さらに、『Vetanius for AUDCAD Ver2』はデイトレードをうたっているようですが、含み損を抱えたままmodifyしながら数日間ポジションを保有する場合もあるからです。

『Vetanius for AUDCAD Ver2』は、ポートフォリオに加えて使っていけそうです。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:10点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Vetanius for AUDCAD Ver2』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1622番Vetanius for AUDCAD Ver2のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.51

・最大ドローダウン:3.05%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:69.68%

・1年間の取引数:約317回

・使用通貨ペア:AUD/CAD

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「EA daisuke」さんの説明引用です↓)

長期間の運用が適するEAです。

【Vetanius for AUDCADのコンセプト】

相場の歪みを検知してエントリーします。過剰最適化(カーブフィッティング)を避けるように設計をしました。

オーストラリア、カナダ両国ともに資源国であり、USDJPYやEURUSDなどと異なりレンジ相場が長期間に続いているという特徴があります。そこに注目してVetanius for AUDCADを開発しました。

検証には「ウォークフォワードテスト」を行い、2008年1月からのデータ使用でウォークフォワード効率が55%になっています。(2019年10月時点)

経済指標によっては稼働中止が推奨されるEAもありますが、本EAは基本的に常時稼働タイプです。

経済指標や相場状況などにより稼働中止する方法も否定はしませんが、本来のパフォーマンスが維持できなくなる可能性があります。

長期的に右肩上がりを維持しており将来の収益性を期待できます。

1ポジションバックテスト
https://gyazo.com/1de543af6d178c6810b967d282c72a39

複利設定バックテスト
https://gyazo.com/f6892efdc9663fb7c2ea21c0ebf93627

1年に1度のマイナーバージョンアップを行います。(提供継続期間は未定)

<2019年12月27日追記>
「Vetanius for AUDCAD」のバージョンアップ版として登録されました。
基本ロジックは同じですが、売りと買いで別ロジックとしました。
これにより売り買いが別ロジックとして機能しパフォーマンスの向上が期待できます。
まれに両建てになることがあります。
パラメータの調節も行いました。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Vetanius for AUDCAD Ver2』は良いEAだと思いますので、ポートフォリオに加えて使っていけます。

ただ、短期中期で波がちょっと大きい時もあるのと、日をまたいで持ち越しもしますので、小資金で怖い方は不調期回避戦略を使うと良いでしょう。

Vetanius for AUDCAD Ver2

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 → 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 → EAを無料で200個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧