Blue-Penguin GBPJPY M15 V1

FXのEA1726番『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』を検証評価した結果

作者『STP』さんのEA『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→70点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』は悪いEAではないと思うのですが、少し危うさが残る感じがします。

勝率が41.23%でプロフィットファクタも1.19と低いわりに、利益がありますのと、資産推移のグラフ形状からも分かる通り、

この『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』はトレンドフォローの特性が強いです。

こういうタイプのEAの場合は、最大ドローダウンが使える範囲内で収まっていて利益も出ていれば、プロフィットファクタが低めでもさほど気にしなくても良いのですが

『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』の場合はプロフィットファクタが1.19ということで、さすがにここまでギリギリですと危ういです。

リアルトレードではスプレッドの拡大やスリップもありますので、バックテストではもう少し余裕がほしいところです。

また、資産推移のグラフを見て分かる通り、短期中期ではけっこう波がありますので、特に初心者の方にはドローダウンがメンタル的にも資金的にも厳しいと思います。

それでもこのようなタイプのEAでは、利益がけっこう乗るタイプもありますのでそうならば良いのですが、

今回の『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』はそこまで利益が強大でもないため、「どうしても運用したい」とまで思えないのが現状です。

資金量が豊富で長期目線が保てる方や、小資金でもどうしても使いたい場合は、不調期回避戦略を使って運用すると良いと思います。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:4点/(20点満点中)

最大ドローダウン:16点/(20点満点中)

1年間の取引数:18点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:9点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1726番Blue-Penguin GBPJPY M15 V1のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.19

・最大ドローダウン:3.02%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:41.23%

・1年間の取引数:約185回

・使用通貨ペア:GBP/JPY

・使用時間足:15分足

 

(↓以下は作者「STP」さんの説明引用です↓)

15年のバックテストで着実性重視

・シンプルな手法なので長期利用可
MT4にデフォルトで備わっているインジケータを複数利用した手法でのトレンドを狙ったエントリーを行い、複数のロジックでの決済を行います。
・長期バックテストを実施済み
15年のバックテストを実施しており、取引回数は2600回程度となっております。
・危険な手法を行いません
ナンピンやマーチンといった一発で資金を失う可能性のある手法は一切使っていません。
最大ポジション数は1となっております。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Blue-Penguin GBPJPY M15 V1』は悪いEAではないと思うのですが、プロフィットファクタがちょっとギリギリで危うい感がありますので

念のため、今回はポートフォリオへの採用は見送りといたしました。

Blue-Penguin GBPJPY M15 V1

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 → 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 → EAを無料で200個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧