MIT_11

FXのEA1762番『MIT_11』を検証評価した結果

作者『TKMM』さんのEA『MIT_11』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→95点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『MIT_11』は良いEAだと思います。

この『MIT_11』は以下の3つの通貨ペアが推奨されていますので、当サイトでも同じ通貨ペアでバックテストしてみました。

AUD/CAD・AUD/NZD・CHF/JPY

この3つの平均パフォーマンスですが、プロフィットファクタが2.99と高く、最大ドローダウンも0.70%ということで低く抑えられていて良いです。

資産推移のグラフも、全体的に右肩上がりでキレイに推移していて良いです。

ただし、この『MIT_11』だけでポートフォリオを完結しないほうが良いでしょう。

オージードル系の通貨ペアが多い構成ですので、リスクを分散するために他のEAの他の通貨ペアもたくさん織り交ぜて、リスク・損益の波を出来るだけ小さくしていきましょう。

あと前から思っていたことなのですが、ここ1年くらい複数のEA作者さんがほぼ同じようなロジックで出展していて、ポートフォリオの組み方やゲムフォレックスに出展するタイミングまで変に同じになっているのが気になります。

同じ作者がアカウントを複数使っているのか、それとも同じコミュニティでのアイディアをパクリ合っているのか?・・・

いずれにしても、同じようなEAが大量に出回っていて検証も大変ですし、選びにくくなっている現状があります。

TIRITSUMOシリーズ、MITシリーズ、WinWinシリーズは、あまり大差がないように感じます。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:20点/(20点満点中)

最大ドローダウン:19点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:19点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:9点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『MIT_11』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1762番MIT_11のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:2.99

・最大ドローダウン:0.70%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:79.41%

・1年間の取引数:約239回

・使用通貨ペア:AUD/CAD・AUD/NZD・CHF/JPY

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「TKMM」さんの説明引用です↓)

早朝スキャルで安心、安定的に運用できるEA!

アメリカ市場が終了して、ニュージーランドとオーストラリア市場が始まる比較的安定した時間帯にエントリーを行います。
短期的には波がございますが、長期的に安定的に利益が残るよう開発したEAです。
ナンピンやマーチンゲールなどの手法は使わず、「1通貨ペア=1ポジション」というシンプルなEAです。
長期的な含み損を抱えることもなく、ロジックにて決済を行い、SLの設定にてロスカットします。(SLは変更可能)
推奨通貨ペア以外でのご利用の場合、プログラムが正常に動作しない可能性がございますのでご注意ください。

■2007年~2020年3月までのバックデータを公開しておりますので、是非ともご確認をお願いいたします。
短期では収益が落ち込むこともございますが、長期的に運用していただければ収益は確実に伸びると思います。

詳しくは、下記URL(グーグルドライブ)よりご確認ください。
https://drive.google.com/open?id=191-cfjRLvyFHAUsm6pQPNnuXjhO8puMS

【推奨通貨ペア】
AUDCAD・AUDNZD・CHFJPY

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『MIT_11』は良いEAですのでポートフォリオに加えて使っていけます。

ただし、『MIT_11』だけですとクロスオージードルの通貨ペアに偏ってしまいますので、他のEAの他の通貨ペアも多く織り交ぜてポートフォリオの平均化を図りましょう。

MIT_11

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方