Morning Stochas 7

FXのEA1769番『Morning Stochas 7』を検証評価した結果

作者『Hayabusa』さんのEA『Morning Stochas 7』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→78点/(100点満点中)

■検証評価コメント:

『Morning Stochas 7』は良いEAだと思います。

この『Morning Stochas 7』は、以下の7つの通貨ペアに対応していますので、当サイトでも同じ通貨ペアでバックテストし平均パフォーマンスを検証してみました。

AUD/CAD,AUD/NZD,CHF/JPY,EUR/CAD,GBP/CHF,GBP/JPY,USD/CHF

以上の7つの平均パフォーマンスですが、プロフィットファクタが1.87と高めで、最大ドローダウンも1.45%と低めに抑えられていて良いです。

資産推移のグラフは、全体的に長期で右肩上がりで良いのですが、通貨ペアによっては時期的にしばらく停滞している部分や、波や少し大きめの部分も見受けられます。

この『Morning Stochas 7』は日本時間の朝スキャ系のEAですが、その中では少数派の15分足のチャートを使います。

そのせいかトレード数が少なく、その影響からか、利益の積み上げとしてはやや少ない感じです。

『Morning Stochas 7』は朝スキャ系EAでは少数派ですので、ポートフォリオの分散という意味では選択肢としては良いのですが、利益効率を考えると、他の朝スキャ系EAと比べると少し物足りなさを感じます。

もちろん、資金量と口座数が多い方にとっては、ポートフォリオの分散要素としては大変良いでしょう。

■個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:17点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:13点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:7点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Morning Stochas 7』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA1769番Morning Stochas 7のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.87

・最大ドローダウン:1.45%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:74.88%

・1年間の取引数:約128回

・使用通貨ペア:AUD/CAD,AUD/NZD,CHF/JPY,EUR/CAD,GBP/CHF,GBP/JPY,USD/CHF

・使用時間足:15分足

 

(↓以下は作者「Hayabusa」さんの説明引用です↓)

・推奨の7通貨ペア以外の多くの通貨でも(テスト上)右肩上がりになる条件で開発しました。
・スキャルピングをベースにした、短期、中期トレード。
・MT4時間の0:00~1:00に、Stochasticをメインシグナルとして、逆張りエントリーします。
・エントリーするとSL,TPが設定されますが、シグナルでもクローズします。
・上記7通貨に対応しています。各通貨のチャートを開いて、それぞれにEAをセットして下さい。
・各通貨毎に、ポジションは一つずつしか持ちません。
・spread制限を設けています。現在のspreadがmax spreadよりも大きい時はエントリーしません。
・一時的にマイナスの期間はあると思いますが、長期的にコツコツ利益を積み上げてくれると期待しています。(過去15年間のback testは、7通貨とも良好です)

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Morning Stochas 7』は良いEAですし、朝スキャ系EAとしては15分足が貴重な存在になるわけですが

利益効率を考えると、無理に使う必要性を感じられないのが現状です。

しばらくゲムフォレックスのフォワードトレードを観察して、それでもし良さそうなら再度ポートフォリオ候補として検討してみたいと思います。

Morning Stochas 7

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧