EME-Sca-system

FXのEA1875番『EME-Sca-system』を検証評価した結果

作者『oz-net-biz』さんのEA『EME-Sca-system』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→71点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『EME-Sca-system』は良いEAだと思いますが、小資金でメンタルが弱い方は使い方に気をつけた方がいいでしょう。

プロフィットファクタは1.30ということで、ギリギリ合格ラインを超えました。

最大ドローダウンは4.53%ということで十分使える範囲ですが、金額の絶対値がやや高めですので注意が必要です。

また、資産推移のグラフも長期では右肩上がりで良いのですが、短期中期ではやや波が高い感があります。

この『EME-Sca-system』は、長期でのトータルの利益がなかなか良いのですが、前述のとおり最大ドローダウンの絶対値がやや高いのと、短期中期の波も大きめです。

リスクを取って利益を狙いにいっているEAですので、小資金でメンタルが弱い方には回しっぱなしは厳しいでしょう。

不調期回避戦略を使って運用するか、資金量を多めに確保して長期目線で運用するかのどちらかが良いでしょう。

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:7点/(20点満点中)

最大ドローダウン:15点/(20点満点中)

1年間の取引数:16点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『EME-Sca-system』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA1875番EME-Sca-systemのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.30

・最大ドローダウン:4.53%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:71.23%

・1年間の平均取引数:約162回

・使用通貨ペア:USD/JPY

・使用時間足:5分足

 

(↓以下は作者「oz-net-biz」さんの説明引用です↓)

まずはバックテスト結果を見てください。

ご覧頂きありがとうございます。
本EAの特徴を下記に簡潔にまとめています。
必ずご確認ください。

●バックテスト結果

EME-Sca-system Strategy Test

●セットする通貨ペアと時間軸
通貨ペア: USDJPY
セットする時間軸: 5分足(M5)
※上記以外でも設定はできますが、推奨しません。

●EAの概要
日本時間早朝にエントリーを行うEAです。
基本戦略は朝スキャです。
決済方法は以下2種類があります。
・指定した利確幅、損切幅を基に早朝に決済判断を行う
・TL,SL決済

また、本EAはサマータイムを考慮しております。
トレーリングストップ有、ナンピン、マーチン無しです。
GMTの指定もできますので必要に応じてパラメータを変更してください。
利確幅、損切幅、TL、SL、最大ポジション数はパラメータ入力できるようにしています。
より柔軟に運用できるようにしているためです。

EAに設定されているデフォルト値は推奨値です。
ご自身の運用スタイルによりご変更いただくことは構いませんが、
バックテストの結果とは異なるロジックとなるためご注意ください。

本EAはトレンドも考慮に入れているためTL,SLが広いです。
※といっても180強程度です。過度なレバレッジにご注意ください。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『EME-Sca-system』は良いEAだと思いますが、朝スキャ系EAのわりに最大ドローダウンの絶対値がやや大きいのと、資産推移の波も短期中期で大きめですので、

特に小資金でメンタルが強くない方には、運用が難しいEAかもしれません。

不調期回避戦略を使って運用しても良いですが、当サイトのポートフォリオからはいったん見送りたいと思います。

EME-Sca-system

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方