Catch The Momentum

FXのEA1900番『Catch The Momentum』を検証評価した結果

作者『Y.A.A.I』さんのEA『Catch The Momentum』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→70点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『Catch The Momentum』は良いEAだと思いますが、小資金の方は使い方に注意したほうがいいでしょう。

プロフィットファクタは1.28ということで、ちょっとだけ合格ラインを割ってはいますが、トレンドフォロー型EAで利益がけっこう出るタイプなら問題ないです。

最大ドローダウンは6.79%ということで、金額の絶対値も結構高めですので、利益が乗るEAとはいえ、小資金の方は注意が必要です。

資産推移のグラフも、長期では右肩上がりで良いですが、短期中期の波はありますし少し長めの低迷期もありますので、先ほどのドローダウンの大きさと同じように、低迷期の長さにも耐える資金力とメンタルが必要です。

勝率も34%と低いですので、それらの特性を十分理解した上で長期目線で運用しないといけません。

それでも、それを長期で完遂できた場合は、なかなか良い利益が得られるでしょう。

ですので、小資金のかたが『Catch The Momentum』を使う場合には、スタートだけドローダウンを消化してから回し始めるか、不調期回避戦略で運用していくと良いでしょう。

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:6点/(20点満点中)

最大ドローダウン:12点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:9点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Catch The Momentum』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA1900番Catch The Momentumのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.28

・最大ドローダウン:6.79%(資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:34.54%

・1年間の平均取引数:約468回

・1年間の平均損益額:約50300円(ロット0.01の場合)

・使用通貨ペア:GBP/JPY

・使用時間足:1時間足

 

(↓以下は作者「Y.A.A.I」さんの説明引用です↓)

『Catch The Momentum』は、相場の勢いに乗り、ボラティリティを計測しながら利を伸ばす、トレンドフォロー型EA。

トレンドが発生しやすい時間帯に限定してエントリーするトレンドフォロー型EAです。

ボラティリティを測定しながら決済ポイントを決めると共に、損小利大となるようにリスクリワードは必ず2倍以上となるよう設計されています。

複数の通貨ペアや時間足で利益がとれる事を確認していますが、GBPJPYの1時間足に特化して最適化していますので、そのペアへの適用を推奨します。ただし、過剰最適化を避けるため以下の点について配慮して開発しております。

・バックテスト期間は2005年?現在とし、十分に多いトレード結果を得る。開発者の基準は2000回以上。

・設定した全パラメータの数値を前後に動かした時に全てのパラメータセットで同様の結果が得られる事を確認する。

ナンピン、マーチンゲールといった類の手法は使用しておりませんが、ロングとショートでそれぞれ同時に最大5つのポジションを持つ場合がありますので、資金管理にはご注意ください。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Catch The Momentum』は長期では利益が大きい良いEAですが、トレンドフォロー型EAらしく、短期中期では波がありドローダウンも大きめですので、

小資金でメンタルも弱い方は、ドローダウンを消化してからスタートするか、不調期回避戦略で運用していくことをおすすめいたします。

Catch The Momentum

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方