HIEN_GBPJPY_M30

FXのEA2216番『HIEN_GBPJPY_M30』を検証評価した結果

作者『007』さんのEA『HIEN_GBPJPY_M30』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→66点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『HIEN_GBPJPY_M30』は悪いEAではないと思うのですが、いくつかの懸念点からちょっと使いづらさを感じます。

プロフィットファクタは1.19ということで、合格ラインには届かず。

最大ドローダウンも5.21%・213ドルということで、やや大きめです。

資産推移のグラフですが、長期を全体的に見れば右肩上がりになりますが、短期中期の波は少し大きめです。

『HIEN_GBPJPY_M30』はトレンドフォロー型EAらしく、長期でのトータル利益はまずまず良いのですが、

さすがにここまでドローダウンと資産推移の波が大きめですと、小資金でメンタルが並のユーザーでは、まず使い続けるのは無理だと思います。

不調期回避戦略を使うにしても、かなり長めで大きめの不調期の終わりを判断するのも難しそうです。

また「HIEN_GBPJPY_M30」の懸念点としては、EAのパラメータに「MaxSpread」の項目が無いため、コントロールできません。

このようなEAは、スプレッドの急拡大に対応できないため、個人的には使いたくありません。

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:4点/(20点満点中)

最大ドローダウン:14点/(20点満点中)

1年間の取引数:16点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:15点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『HIEN_GBPJPY_M30』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2216番HIEN_GBPJPY_M30のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.19

・最大ドローダウン:5.21%:213ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:39.13%

・1年間の平均取引数:約161回

・1年間の平均損益額:約11500円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:GBP/JPY

・チャートの使用時間軸:30分足

 

(↓以下は作者「007」さんの説明引用です↓)

「HIEN_GBPJPY_M30」は、ポートフォリオの一つとしてご利用頂けると幸いです。

■概要

長期安定収益を目指したEA

15年にもおよぶバックテストで利益を生み出した安定型EAです。
トレンドの始まりを検知して、エントリーをするEAです。
GBPJPY特有の値動きを分析した結果から複数の決済ロジックを駆使して利益の最大化を目指す損小利大EAとなります。

■特徴

・シンプルな手法なので長期利用可
MT4にデフォルトで備わっているメジャーなインディケーターを利用した手法でのトレンドを狙ったエントリーを行い、 複数のロジックでの決済を行います。

・長期バックテストを実施済み
15年のバックテストを実施しております。

・危険な手法を行いません
ナンピンやマーチンといった一発で資金を失う可能性のある手法は一切使っていません。最大ポジション数は1となっております。

■パラメーター

初めての方にもご利用しやすくするために、2つのパラメーター設定にしております。

・MAGIC: マジックNo.
(EA独自の認識番号になります。他のEAと競合しないように設定を変更してください)

・Lots: ロット数(リスクマネジメントに応じた設定をお願いします)

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『HIEN_GBPJPY_M30』は悪いEAではないと思うのですが、もう少し安定感がないと怖いのと、パラメータ設定にも不満が残りました。

よって、当サイトのポートフォリオ構成EAとしては、採用は見送りとなります。

HIEN_GBPJPY_M30

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方