HIMAWARI

FXのEA2223番『HIMAWARI』を検証評価した結果

作者『retasu system』さんのEA『HIMAWARI』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→57点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『HIMAWARI』は悪いEAではないと思うのですが、もう少しパフォーマンスと安定感が欲しかったのと、通貨ペアによって差がかなりある印象です。

この『HIMAWARI』は、20個の通貨ペアが推奨されていましたので、当サイトでも同じ通貨ペアでバックテストしようと思ったのですが、

最初の4つをテストした時点で、EAのレベルが把握できたことと、根本的な問題点もあったため、他の通貨ペアのテストは割愛させていただきました。

最初の4つの平均パフォーマンスになりますが、

プロフィットファクタは1.23ということで、合格ラインには届かず。

最大ドローダウンも2.37%ということで、EAでは一般的には普通ですが、朝スキャ系EAの中ではやや大きめです。

資産推移のグラフですが、前述の数字のデータと同じく、通貨ペアによって良し悪しに差がかなりあります。

グラフをパッと見て、波が大きく明らかに使いづらいと感じる通貨ペアもありますし、良さそうに見える通貨ペアでも、ゲムフォレックスの他の優秀な朝スキャ系EAに比べると、ちょっと見劣りしてしまいます。

またこの「HIMAWARI」の問題点としては、EAのパラメータに「MaxSpread」の設定項目が無いことです。

朝スキャ系EAの時刻帯はスプレッドが広がりやすく、時にはフラッシュクラッシュもありますので、MaxSpreadの設定が無いというのは危険すぎます。

個人的には、このようなEAは絶対に使いません。

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:4点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:14点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:15点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:5点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:6点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『HIMAWARI』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2223番HIMAWARIのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.23

・最大ドローダウン:2.37%(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:77.91%

・1年間の平均取引数:約141回

・1年間の平均損益額:約600円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:AUD/CAD,AUD/USD,AUD/NZD,AUD/JPY,CAD/JPY,EUR/USD,EUR/AUD,EUR/CHF,EUR/CAD,EUR/GBP,EUR/JPY,EUR/NZD,GBP/USD,GBP/CHF,GBP/JPY,USD/CAD,USD/CHF,USD/JPY,NZD/JPY,NZD/USD

・チャートの使用時間軸:時間足の指定は無し

 

(↓以下は作者「retasu system」さんの説明引用です↓)

「HIMAWARI」は、リスクを抑えた1ポジション朝スキャです。

当EAは日本時間【夏時間】6:10~8:00、【冬時間】7:10~9:00にて取引を行います。
保有ポジション数は各通貨ペアにおいて1つのみです。
トレードを開始する前にデモ口座の使用や、フォワードの確認を行った上でのご利用をお勧めします。
マジックナンバーは通貨ペア毎に変更する必要は御座いませんが、他のEAと重複しないようにご注意ください。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『HIMAWARI』は悪いEAではないと思うのですが、もう少しパフォーマンスと安定感が欲しいところで、

良さそうな通貨ペアでも、他の優秀な朝スキャ系EAと比べるとちょっと見劣りします。

さらに、『HIMAWARI』はEAとしての根本的な問題もあるため、今回は運用は見合わせになります。

HIMAWARI

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方