gee_White_Leopard_USDJPY_M5

FXのEA2330番『gee_White_Leopard_USDJPY_M5』を検証評価した結果

作者『Trystar』さんのEA『gee_White_Leopard_USDJPY_M5』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→80点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『gee_White_Leopard_USDJPY_M5』は良いEAだと思いますが、資金量と使い方には注意した方がいいかもしれません。

プロフィットファクタは2.01と高くて良いのですが、

最大ドローダウンが11.76%:548.11ドルということですので、低資金の方はそのまま回しっぱなしには運用できません。

また、高資金の方でもロットは小さめに慎重に設定しましょう。

資産推移のグラフですが、長期のパッと見では右肩上がりで良いのですが、

トレード数がとても多いグラフで、このようにドローダウンがハッキリ見えますので、リアルトレードではかなり大きく感じるでしょう。

勝率の高さや、薄利逃げ、負け幅の大きさ、同時保有ポジションの多さからも分かるとおり、コツコツドカン型EAの特性がハッキリ分かります。

低資金の方が『gee_White_Leopard_USDJPY_M5』を運用する場合は、不調期回避戦略を使わないと難しいと思いますし、

高資金の方でも、ロットは無理せず、コツコツドカン型の特性を良く理解した上で根気よく運用していかないといけません。

それでも、長期では上手くいっているように見えますし、トータルの利益額もまずまずですので、資金量・ポートフォリオ・時間や手間に余裕のある方には良いEAだと思います。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:20点/(20点満点中)

最大ドローダウン:8点/(20点満点中)

1年間の取引数:20点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:16点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:6点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『gee_White_Leopard_USDJPY_M5』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2330番gee_White_Leopard_USDJPY_M5のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:2.01

・最大ドローダウン:11.76%:548.11ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:91.49%

・1年間の平均取引数:約757回

・1年間の平均損益額:約33700円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:USD/JPY

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「Trystar」さんの説明引用です↓)

「gee_White_Leopard_USDJPY_M5」は、着実に利益が積み上がりますので、長く運用して下さい。

取引通貨:USD/JPY
取引スタイル:スキャルピング
取引時間足:M5

○USD/JPYのM5のスキャルピングです。
○日本時間の深夜から朝にかけてエントリーします。
○目標利益、または、内部ロジックによるトレーリングストップにて決済します。
○デフォルトの設定では、市場が休日である土曜・日曜に保有ポジションを持ち越さないように、週末(日本時間の土曜日の深夜)に全保有ポジションを決済します。設定を変更すれば、週またぎのトレードも可能です。

※ナンピン、マーチンゲールのロジックは使用しておりません。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『gee_White_Leopard_USDJPY_M5』は良いEAだと思いますが、コツコツドカンの特性は強いですので、

低資金の方は不調期回避戦略で運用したほうが良いですし、

高資金で回しっぱなしにする場合でも、ロットは無理せず、特性を理解した上での根気強さが必要になります。

gee_White_Leopard_USDJPY_M5

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方