Ambon_Gem

FXのEA2363番『Ambon_Gem』を検証評価した結果

作者『Gecko』さんのEA『Ambon_Gem』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→57点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『Ambon_Gem』は悪いEAではないと思うのですが、もう少し長期での安定感があると良かったです。

プロフィットファクタは1.15ということで、合格ラインに届かず。

最大ドローダウンも15.53%:529.49ドルということで、小資金のかたには特に使いづらいです。

資産推移のグラフですが、パッと見では右肩上がりに見えますが、かなり長い不調期があり、波が大きい時期があります。

それがプロフィットファクタの低さや、ドローダウンの大きさに現れています。

ただこの『Ambon_Gem』は良さもあり、

ここ最近数年間の波はそこまで大きくはなく、中長期的な流れでは右肩上りになっており、直近の相場環境とEAの相性は良いのではないでしょうか。

そこが上手くはまれば期待できると思います。

ただし、本当に長い長期で見た場合には、また大きな不調期がやってくる可能性もありますので、そこをどう判断するかになります。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:5点/(20点満点中)

最大ドローダウン:4点/(20点満点中)

1年間の取引数:16点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:15点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:7点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Ambon_Gem』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2363番Ambon_Gemのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.15

・最大ドローダウン:15.53%:529.49ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:35.37%

・1年間の平均取引数:約161回

・1年間の平均損益額:約10200円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:GBP/JPY

・チャートの使用時間軸:15分足

 

(↓以下は作者「Gecko」さんの説明です↓)

「Ambon_Gem」は、損小利大で利益を積み上げていきます。ポートフォリオのひとつとして検討してみてください。

長期トレンドの方向に沿って短期的な逆張りトレードを狙います。

勝率は高くありませんが、損小利大でコツコツと利益が積みあがるように設計しています。

ポジション保有時間は4時間から4日程度が多いデイトレードからスイングトレードを行い、週をまたいでポジションを保有することもあります。

週平均して3回程度のトレード回数をみこんでいます。

ナンピン・マーチンゲールは行っておりません。

保有ポジションは片側最大1ポジションです。(稀に両建てになることもございます)

通貨ペアはGBPJPY、使用時間軸はM15(15分足)での稼働をお願いいたします。

【バックテスト】
バックテストデータはコチラです。
→ https://spc-pt.com/files/Ambon.png

【フォワード計測中】
Myfxbookにてフォワード計測中です。
→ https://www.myfxbook.com/members/heesan/titanfx/8718804/qSIhnJcF5TOv9d7rWSAp

「カスタム分析」 → 「マジック」 → 「参照したいEA名にチェック」 → 「分析」

の順番にクリックするとフォワード成績を見ることができます。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Ambon_Gem』は直近の利益と安定度はかなり高いですので運用する価値は十分あると思いますが、

本当に長い長期で考えると、過去にあった大きな不調期がまた来る可能性も高いですので、判断は難しいところです。

無難にいきたいのであれば、特に小資金の方は見合わせたほうがいいでしょう。

Ambon_Gem

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方