【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ

FXのEA2441番『【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ』を検証評価した結果

作者『KUROGO』さんのEA『【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→72点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ』は良いEAだと思います。

このEAは、以下の14個の通貨ペアに対応しているということで、当サイトでも同じ通貨ペアでバックテストしてみました。

AUD/CAD、EUR/AUD、EUR/CAD、EUR/CHF、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、USD/JPY、CHF/JPY、USD/CAD、USD/CHF、GBP/AUD

この14個の平均パフォーマンスですが、

プロフィットファクタは1.34で合格ラインを超え、

最大ドローダウンも1.14%:35.15ドルということで、まずまず低めに抑えられていると思います。

資産推移のグラフも、全体的に長期では右肩上がりで推移していて良いです。

ただし、通貨ペアによっては中期短期で波が少し大きめのものもありますので、選別して使うといいでしょう。

また、正直を言えば、ゲムフォレックス内の他の朝スキャ系EAと比べると、そこまで特筆するレベルではないようにも感じました。

トータルの利益がもう少し欲しいことでした。

そして、日またぎタイプの朝スキャEAがゲムフォレックスでも機能しにくくなっているのも残念です。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:7点/(20点満点中)

最大ドローダウン:18点/(20点満点中)

1年間の取引数:14点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2441番【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だのストラテジーテスターレポート

 

FXのEA2441番【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だのストラテジーテスターレポート2

 

 

・プロフィットファクタ:1.34

・最大ドローダウン:1.14%:35.15ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:67.75%

・1年間の平均取引数:約135回

・1年間の平均損益額:約1800円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:AUD/CAD、EUR/AUD、EUR/CAD、EUR/CHF、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、USD/JPY、CHF/JPY、USD/CAD、USD/CHF、GBP/AUD

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「KUROGO」さんの説明です↓)

『IKIRUKASHINUKA SOREGAMONDAIDA M5』はUSDJPY、EURJPYをはじめとした14通貨ペアの5分足で、日本時間の早朝にエントリーするスキャルピングEAです。

基本コンセプトとして、10年以上のバックテストにおいて最大ドローダウンが$1,000以下になるローリスクのEAを製作していますが、本EAはその真逆のハイリスクハイリターンとなっています。

※ただし、基本設計は初期ロット時に最大ドローダウン$1,000以下に抑え、その上でしっかり利益を狙える設計にしています。

絞り込んだ時間帯でエントリーすることで勝率を高め、1回のエントリーで大きくリターンを狙います。

「商品詳細説明」にも記載した通り、ハイリスクハイリターンのEAのため、必ず万が一失っても問題がない資金で運用を行ってください。

運用の際は、専用の口座を別途準備し、資金も切り分けて運用することをおすすめします。

■特徴

・初期ロット1.0の超攻め型EAです(変更可)。「投資は余剰資金で」とはよく言われますが、本EAはハイリスクハイリターンのEAなので、必ず万が一全損になっても問題がない資金でご利用ください。

・初期ロットは1.0の攻める設定にしていますが、最大ドローダウン各通貨ペア、$1,000でそれなりの利益を狙うことが可能です。
※フォワードでは10通貨ペア同時稼働のため、上記設定で運用
※各通貨ペアの$1,000以下のTakeProfit、StopLossの設定についてはマニュアルに記載

・まったく同じロジックなのに10通貨ペアでプラスになる稀なEAです。難しい設定変更はなく、TakeProfitとStopLossの設定変更のみで運用が可能です。
※各通貨ペアのTakeProfitとStopLossのパラメーターはマニュアルに記載
※各バックテスト結果はマニュアルに掲載
※運用可能な通貨ペアはマニュアル記載のもののみ。その他の通貨ペアでは絶対に使用しないでください。
※一部検証していない通貨ペアがあるため、今後使用できる通貨ペアが増える可能性があります
※別途リリースしている「IKIRUKASHINUKA SOREGAMONDAIDA EURUSD M5」は本EAとは異なるロジック・時間にエントリーするため、一緒に利用していただくことが可能です。

・$10,000スタートで14通貨ペア同時稼働した場合でも破綻しないバックテスト結果となっております。

・値動きの少ない日本時間の早朝にエントリーします。

・2008年のリーマンショック、2021年のコロナ相場などを含む、長期間でバックテストを行っています(テスト期間は通貨ペアによって異なります)。

・ナンピン、マーチンゲールはなしで、1ポジションのみ保有します。
※複数通貨ペアセットした場合、その通貨ペア分のエントリーとなります。ただし、通貨ペアごとにエントリー条件に合致するタイミングが異なるので、毎回14通貨ペア同時にエントリーするということではありません。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ』は良いEAだと思いますが、

通貨ペアによってはちょっと使いづらそうなものがいくつかあったり、良さそうな通貨ペアでも他のゲムフォレックス内の類似タイプEAと比べてそこまで優位性が無いようにも感じました。

ゲムのフォワードを観察していき、よほど良いパフォーマンスが続けば別ですが、現時点ではポートフォリオへの導入は見送りになりそうです。

【14通貨ペア対応】生きるか死ぬか、それが問題だ

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方