Bee75_Multi_GF_100

FXのEA2462番『Bee75_Multi_GF_100』を検証評価した結果

作者『Bee』さんのEA『Bee75_Multi_GF_100』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→75点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『Bee75_Multi_GF_100』は良いEAだと思います。

この『Bee75_Multi_GF_100』は以下の6個の通貨ペアが推奨されていますので、当サイトでも同じ通貨ペアでバックテストしてみました。

USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、AUD/CAD、GBP/USD

この6つの平均パフォーマンスになりますが、

プロフィットファクタが1.80と高めです。

最大ドローダウンは3.65%:110.65ドルということで、使える範囲ではありますが、もう少し抑えられたらなお良かったです。

資産推移のグラフですが、平均的に長期は右肩上がりで推移していて良いですが、通貨ペアによっては短期・中期でやや波があるものもありました。

またそれは、プロフィットファクタ・ドローダウン・利益額にも現れていますので、

もしこのEAを使うとしたら通貨ペアは選別して、さらに他のEAの他の通貨ペアと組み合わせてポートフォリオを構築すると良いでしょう。

 

さて、このEAを個人的には使いたくない理由があるのですが、それはパラメータに不可解な点があります。

マニュアルとEAのパラメータともに、「Slippage スリッページ(pips)」とありますが、もしかして「Max_Spread」の間違いなのではないでしょうか。

そうでないと、このEAでは「Max_Spread」が調整できないことになり、良くないです。

仮に内部でコントロールしていたとしても、どのような値でどのように制御されているのか分からないのはとても不安です。

そして、「Slippage スリッページ(pips)」が4.0ということは、スリップ許容値が大きすぎるのではないでしょうか。

一般的にはポイント表示で、「3~4」の値が実用的です。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:16点/(20点満点中)

最大ドローダウン:16点/(20点満点中)

1年間の取引数:14点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:8点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『Bee75_Multi_GF_100』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2462番Bee75_Multi_GF_100のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.80

・最大ドローダウン:3.65%:110.65ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:60.93%

・1年間の平均取引数:約136回

・1年間の平均損益額:約5636円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、AUD/CAD、GBP/USD

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「Bee」さんの説明です↓)

「Bee75_Multi_GF_100」は、6つの通貨ペアで運用することでより安定的に利益を積み上げることを目指します。

■特徴
・USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、AUD/CAD、GBP/USD の6つの通貨ペアに対応した5分足専用のスキャルピングEAです。

・移動平均線とRSIを組み合わせたロジックにトレーリングストップを搭載しました。

・各通貨ペア、買いポジション、売りポジション、それぞれ最大3ポジション持ちます。

・エントリータイミングによっては両建てとなる場合がありますが、パラメータの設定により両建てを禁止することができます。

・ナンピン、マーチンゲールはしません。

・週末金曜日には全ポジションをクローズします。週末クローズ時間は以下の通りです。
日本時間 土曜日5:00(ニューヨーク冬時間の期間)
土曜日4:00(ニューヨーク夏時間の期間)
*この時間に強制クローズではなく、この時間までにロジックによりクローズします。
*使用するブローカーや稼働時期によりこの時間以前に取引時間が終了するような場合はクローズ処理ができないことがあります。

・チャートバー確定時にロジック判定するため、バックテスト時の「全ティック」と「コントロールポイント」に差がなく、フォワードとの乖離も少ない設計です。

■バックテスト
・バックテスト結果の詳細はマニュアルをご覧ください。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『Bee75_Multi_GF_100』は良いEAだとは思いますが、

もう少しパフォーマンスと安定感があるとなお良かったのと、パラメータに不可解な点があるので、

今回はポートフォリオへの採用としてはいったん見送りにしたいと思います。

Bee75_Multi_GF_100

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方