JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF

FXのEA2522番『JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF』を検証評価した結果

作者『Labrador』さんのEA『JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF』を検証評価した結果をご紹介します。

EAの総合評価採点→69点/(100点満点中)

EAの検証評価コメント:

『JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF』は利益率が高くて、評価採点以上に良いEAだと思うのですが、

パラメータの設計が個人的には好みではありませんでした。

プロフィットファクタは1.37ということで、普通に合格ラインを超えました。

最大ドローダウンは2.40%:114.33ドルということで、すごく小さいわけではありませんが、ポンド円のトレンドフォロー型EAということを考えれば優秀は方だと思います。

資産推移のグラフですが、長期では右肩上がりで良いですし、

短期中期では、パッと見は少し波がありそうにも見えますが、トレード数が少ないグラフで拡大して見ている形になりますので、ポンド円のトレンドフォロー型EAということを考えれば優秀は方だと思います。

そしてこのEAの良いところは、なんと言っても利益率の高さです。

トレード数が少なく、勝率も33%台でかなり低い割には、トータルの利益額がなかなか良いです。

しかもドローダウンがまずまず低めに抑えられているのが、重要なポイントになるでしょう。

ただ残念だったのが、パラメータの設計で、MaxSpreadが無いのはちょっと怖いです。

特にクロス円通貨ペアで、過去にもフラッシュクラッシュは実際に起こっているわけですから、不安感は残ります。

かといって強いトレンドに乗れなかったらそれも意味はありませんので、せめてやや大きめのデフォルト値でパラメータ自体には設計として入れてほしいところでした。

 

EAの個別項目評価採点:

プロフィットファクタ:7点/(20点満点中)

最大ドローダウン:17点/(20点満点中)

1年間の取引数:11点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:17点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:9点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

EAのバックテストデータ:

 

FXのEA2522番JJHP-system_GBPJPY_M5 for GFのストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.37

・最大ドローダウン:2.40%:114.33ドル(初期資金3000ドル約30万円、ロット0.01の場合)

・勝率:33.39%

・1通貨ペア当たりの1年間の平均取引数:約109回

・1通貨ペア当たりの1年間の平均損益額:約14073円(ロット0.01の場合)

・対応通貨ペア:GBP/JPY

・チャートの使用時間軸:5分足

 

(↓以下は作者「Labrador」さんの説明です↓)

「JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF」は、非常にシンプルなロジックで過剰最適化を排除しているので長く使えるEAです。

取引通貨:GBP/JPY
取引スタイル:スイングトレード
取引時間足:M5

・GBP/JPYのスイングトレードです。スイングですが5分足を使います。
・過去の実績からロジックが得意とする時間帯のみエントリーします。
・決済はTakeProfitもしくはトレイリングストップにて決済します。
・トレイリングストップで利益を追求していくEAなので時間による決済はありません。

※ナンピン、マーチンゲールのロジックは使用しておりません。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF』は利益率が高くて良いEAだと思うのですが、

個人的にはパラメータにMaxSpreadが無いEAは、ちょっと怖くて使いづらいというのが正直な印象です。

JJHP-system_GBPJPY_M5 for GF

↓EAを入手したい方はこちらから↓

続き
↓その他の全ページデータはプレゼント会員様のみに公開です↓

優良EA&ポートフォリオ無料プレゼント

 → 優良EA100個&ポートフォリオ5個を無料プレゼント!

 → EAを無料で300個手に入れる方法!

 → 良いEAの条件と選び方

 → ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 → 『完全放置戦略』とは

 → 『不調期回避戦略』とは

 → 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方