BandCross3 EURUSD V8

FXのEA887番『BandCross3 EURUSD V8』を検証評価した結果

作者『BandCross』さんのEA『BandCross3 EURUSD V8』を検証評価した結果をご紹介します。

総合評価採点→77点/(100点満点中)

検証評価コメント:

『BandCross3 EURUSD V8』はバランスが良く、優等生的な良いEAだと思います。

プロフィットファクタが高く、取引回数もそこそこあります。

そして、最大ドローダウンがかなり低いので、小資金の方でもロットを上げて使えると思います。

プロフィットファクタが1.5弱なのと、フォワードの資産グラフを見ると結構リズミカルに上下を繰り返しますので、不調期回避戦略でも良いのですが、かと言って不調期が深く長いわけでもないので、回しっぱなしでも良いです。

また、このEAは数日間のような短期スパンでも資産の上下動がわりとあるので、時間がある方は、毎日フォワードをチェックして数日ごとにON・OFFする不調期回避戦略を使っても面白いと思います。

個別項目評価採点↓

プロフィットファクタ:9点/(20点満点中)

最大ドローダウン:19点/(20点満点中)

1年間の取引数:13点/(20点満点中)

資産グラフがキレイな右肩上がり:18点/(20点満点中)

売りと買いのトレード数のバランス:10点/(10点満点中)

トレード手法の安全性:8点/(10点満点中)

それでは実際に、EA『BandCross3 EURUSD V8』の過去10年間以上のバックテストの結果を見ていきましょう。

下図のストラテジーテスターレポートをご覧ください。

 

FXのEA887番BandCross3 EURUSD V8のストラテジーテスターレポート

 

・プロフィットファクタ:1.48

・最大ドローダウン:1.80%(資金30万円、ロット0.01の場合)

・1年間の取引数:約130回

・使用通貨ペア:EUR/USD

・使用時間足:5分足

(↓以下は作者「BandCross」さんの説明です↓)

東京時間のみエントリーし当日中にクローズするEAです。

比較的相場が落ち着いている時に短期トレンド方向にエントリーするMT4用の自動売買プログラムです。

日本時間の昼間にエントリーし当日の米国重要指標発表前にクローズするデイトレードを行います。

トレンド判定/エントリーには統計的分析と各種フィルタを併用したロジックを採用し、クローズはポジション毎に設定するリミット/ストップ以外に目標利益を確保したときに自動的に決済を行うAutoClose機能と、当日の決められた時刻で決済するディクローズ機能を実装しています。

また、エントリー可能時間終了後はセーフモードを発動し、目標利益を減らしかつリアルタイムで決済を行う早期手仕舞いによって、リスク回避を計っています。

最大ポジション数は初期値1となっていますが、複数ポジションにすることも可能です。

複数ポジションで運用する場合も、ナンピンによるエントリーは行わず、利益拡大のチャンスと判断した場合のエントリーに限定し、相場が逆行した場合にポジションを増やして損失を拡大することのないようにしています。

(↑以上が作者さんの説明です↑)

 

ということで、『BandCross3 EURUSD V8』は良いEAですので、ポートフォリオに加えたいです。

放置戦略でも不調期回避戦略でも、どちらでもいけるタイプです。

また不調期回避戦略を使うにしても、中期的に使っても良いですし、数日で切り替える短期的な使い方でも良いです。

BandCross3 EURUSD V8

↓EAを入手したい方はこちらから↓

 

 >> 優良EA60個&ポートフォリオ4個を無料プレゼント!

 >> EAを無料で200個手に入れる方法!

 >> 良いEAの条件と選び方

 >> ポートフォリオとは何か?FX自動売買EAを複数同時に回す理由

 >> 『完全放置戦略』とは

 >> 『不調期回避戦略』とは

 >> 自動売買の仕組みとVPS・MT4・EAの設置方法と使い方

人気記事一覧