FX自動売買ソフト無料EAトレジャー

MT4クイックパイロットのQ&A集

MT4用一括決済ツール MT4 Quick Pilot(MT4クイックパイロット)

 

こちらは「MT4クイックパイロット」での、よくあるご質問Q&A集になります。

このページで解決しない場合は、お問い合わせフォームからご質問くださいませ。

MT4クイックパイロットご案内ページ


 

Q:ご質問の内容

無料版・もしくは有料版を購入した際の使用期限は有りますでしょうか?

A:お答えした内容

使用期限はございません。無期限でお使いいただけます。

 


 

Q:ご質問の内容

FX会社3社で使用する際は、3ライセンス分の費用(2,000円×3=6,000円)が必要となるのでしょうか?

A:お答えした内容

一口座分(色は3種類までOK)作成で2000円いただきますので、

口座番号が違えばまた作成が必要になりますので、別途また2000円の費用をいただくことになります。

 


 

Q:ご質問の内容

国内FX会社のFXTFで使えるかどうかは、自分で調べて実使用は自己責任でしょうか?

国内FX会社の外為ファイネストとFXTF、海外FX会社のGemForexでの合計3社で使用を考えています。

A:お答えした内容

私も国内外いくつか使っておりますが、

証券会社の説明書きで「全口座でEAは使えません」「●●口座ではEAは使えません」という説明書きがなければ、問題なく使えます。(普通は公式サイトに書いてあります)

証券会社全体でEAが使えない場合もあれば、口座種別で使えない場合もあります。

【私が実際に使っている例】

(1)FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

以前はEA形式ツールは禁止でしたが、2022年の夏からOKとなっています。普通に使った場合0.1ロットで20円手数料がかかります。

しかしクイックパイロットは自動売買ではないため、それでFXTFに問い合わせてみたところ、

「エントリー時に手数料がかかるので、一括決済の時にツールを使うだけなら無料です」

とのことでした。

私もその通りに使っておりまして、エントリーはMT4標準のクイック注文ボタンを使い、あとはクイックパイロットのパネルのデータを見ながら一括決済に使っています。

それなら手数料は無料です。

また、0.1ロットでたった20円の手数料ですので、それがあまり気にならないようならエントリーから全部クイックパイロットを使って良いと思います。

(2)GemForex は公式サイトにも説明が書いてあります通り、「オールインワン口座」なら普通に使えます。

しかし、「ガチゼロ」「ロースプレッド」「レバ5000」ではEA形式が使えません。

(3)外為ファイネストは使っていないので分かりません。公式サイトをよくご覧いただくか、「EAは使えますか?」と問い合わせてみてはいかがでしょうか。

その他、私がテストして使えた、あるいは他のお客様が使っているのは

・国内→OANDAジャパン
・海外→XM、TITAN、BIGBOSS

といったところです。

 


 

Q:ご質問の内容

「損益pips」というのは、平均値ですか?それとも合計値ですか?

私はFXism社の「プロコントローラー改」を購入したのですが、合計表示になっており分かりにくくて、とても後悔しました。

(ロットの合計が同じなら短ポジでも複ポジでも損益額は同じはずなのに、複ポジだと合計PIPSがやたら大きくなるか・やたら小さくなるかというナゾの表示)

そちらのクイックパイロットが損益pipsを平均で表示してくれるのなら利用したいです。

また、「プロコントローラー改」は値段も高いし、ポジションごとに損益pipsが出たり、エントリーポイントから現在値まで破線が表示されたりと、使いにくくてしょうがないです。

そのようなジャマなものは表示されませんか?

A:お答えした内容

クイックパイロットは損益pipsを平均値で表示しますので、

平均損益PIPS × ロット(建玉数)合計 = 損益金額

という分かりやすい方式になっています。

またチャート上では、複数ポジションを持った場合に「平均損益分岐ライン」が表示されますので、そのラインと現在値との差が平均損益PIPSでもあります。

その他、ジャマな線や数字は表示されません。

デフォルトでは自動で利益確定・損切り注文ラインが入る設定になっておりますが、パラメータでその機能をOFFにできます。(詳しくはMT4クイックパイロットご案内ページをご覧ください)

 


 

Q:ご質問の内容

例えば、ドル円とナスダックの両方でポジションを持っていた場合に、各個別の損益を知りたい場合、そういう機能はありますか?

総額ではなく、個別の損益を知りたい場合には、どうすればいいですか?

A:お答えした内容

例えば2種類の通貨ペアが、

ロングとショートで分かれた場合はそれぞれの損益が表示されるので分かりますが、

2つともロングだったり、2つともショートで同じ場合は、個別には分かりません。

ただ、複数ポジションを持った場合は、チャート上に「平均損益分岐ライン」が表示されますので、視覚的に「だいたい5PIPSくらいプラスかな」などというのはパッと見で分かります。

もしどうしても分けて正確な数字を知りたい場合は、

・証券会社を分ける

・複数口座を持てるFX会社の場合は、口座を分けて、MT4もフォルダを変えて2つインストールして各々を独立して使う

という方法があります。

ただし、その場合はクイックパイロットも複数作る必要があり、その分費用がかかります。

その他、フリーツールでチャートごとの損益PIPSや損益額を見れるインジケータもあるようです。(ネット検索すると見つかります)

あとは、MT4の「ターミナル」の「取引」でポジションごとに見ていくしかありません。「通貨ペア」のタブをクリックすると通貨ペアごとに整列はできます。そしてポジションの合計を自分で計算する必要があります。

 


 

Q:ご質問の内容

今は「プロコントローラー改」を使用中ですが、過日のドルの大陽線に全く機能しませんでした。

貴ソフトは機能いたしますか?

機能するのでしたら、送金&デモ口座番号通知をお知らせします・・・

・・・たびたびお手を煩わせて申し訳ございません。

過日のドル円CPI発表後の急騰にポジションを閉じようと、プロコン改の全決済ボタンを押しましたが、ボタンがフリーズして決済できませんでした。

もちろんドル円だけのポジションだったので、現通貨ペア決済のボタンも乱打しましたが、これもフリーズしてダメでした。

デモ口座、リアルのgem口座ともにフリーズはなかったので、両建てにして、逃げました。

Quick Pilotにもこのような事がないかと思い、お尋ねした次第です。

プロコンに比べて安価ですので、ぜひ購入したいと思って質問した次第です。

説明不足で申し訳ありませんでした。

A:お答えした内容

>「プロコントローラー改」を使用中ですが、過日のドルの大陽線に全く機能しませんでした ・・

↑どういう意味で何が機能しなかったのか、ご説明が無いので分かりかねますが、

もし指標発表時での急騰だった場合に考えられるのは、

①証券会社の回線がフリーズしてしまったことによって約定できなかった
②スプレッドが大きくなりすぎて約定できなかった

ということです。

その場合は、証券会社側の問題か、プロコンのパラメータ設定(例えば最大許容スプレッド)を適切にできていなかった可能性もあります。

もしエントリー後に自動決済注文(赤い点線)が入っていたのであれば、ツールとしての基本機能は働いていたということになります。

裁量トレードの基本中の基本ですが、ポジションを持ったまま 大きな指標発表をまたぐのは、絶対にやってはいけない自殺行為です。

>機能するのでしたら、送金&デモ口座番号通知をお知らせします・・

↑私はGemForexのリアル口座でクイックパイロットを使っておりますが、きちんと機能しております。

デモ口座では分かりかねますので、自己責任でご利用くださいませ・・・

・・・フリーズした原因がプロコン側か証券会社側か、ハッキリとは特定はできませんが、

プロコンは購入者のメールアドレス登録でデータベースと照合しています。

そのサーバーや回線やシステムが込み合ったりトラブルがあれば、作動しないことになります。

一方、弊社のクイックパイロットはEAを作る際に口座番号縛りで作成するだけですので、プロコンのような余計な通信のやり取りはありません。

それがどこまで影響があるのかは分かりませんが、プロコンよりは負荷が軽いのは間違いないと思います。

(マルチタイムフレームインジケータのほうは少し重いです)

 


 

Q:ご質問の内容

クイックパイロットとマルチタイムインジケータを設置したら、チャートの動きが重くなってしまいました。

どうしたら良いですか?

A:お答えした内容

特に海外のFX会社さんで時々あるのですが、回線がもともと重いFX会社さんがあります。

その場合は、クイックパイロットのみでしたら問題ないのですが、インジケータ類は一般的に重いため、トレードに支障が出るケースがあります。

その場合は、マルチタイムフレームインジケータのみを削除し、クイックパイロットのみをお使いください。

もしくは、自動更新の間隔秒数を長めに調整します。

【方法】

「チャートの画面上を右クリック」→「表示中のインジケータ」→「AutoReflesh」を選びます。

「編集」→「パラメータの入力」で「PeriodSec」の項目に「値」の数字が入っています。

ここをダブルクリックし、数字を変えて「OK」で完了です。

その数字は自動更新する間隔の秒数になりますので、秒数が細かければ頻繁にチャートが自動更新されて重くなります。

ですので、チャートの動きが重い・遅い場合は、その数字を大きくしてみましょう。(例えば30秒や40秒など)

 


 

Q:ご質問の内容

QP(クイックパイロット)を設定したテンプレートを作成保存し、それを新たな通貨ペアチャートへテンプレートを呼び込むとQPが重なって表示される。

上の一枚は動作するが下の一枚は動作せず。

動作するものだけにならないでしょうか?

A:お答えした内容

「ご自分でセットしたチャートをテンプレート化・保存し別チャートでも使う場合」ですが、

QPはインジケータではなくEAになりますので、テンプレート化ができません。

EAはチャートごとに設置する設計になっています。

QPも含めてチャートテンプレートしてしまうと、外観デザインだけがコピーされて、テンプレートデザインになってしまいます。

二重になってしまったらチャートは作り直しになります。

ですので、いったんQPをチャートから削除してから、テンプレート保存してお使いください。

(その後にQPはまたチャートごとに設置してください)

 


 

Q:ご質問の内容

1時間足のチャートにQP(クイックパイロット)を設定しロットを0.02以上にしたあと、同一チャートの時間足を他の時間足に変えるとロットの値が元の0.01に戻ってしまう。

時間足を変えてもロットが変化しないようにならないでしょうか?

A:お答えした内容

「時間軸を変えてから元に戻る際」や「MT4・チャートを再起動する際」に、ロットが最小単位に戻る理由ですが、あえてそういう設計にしました。

その理由としては、マーチンゲール手法を使うユーザーさんもいるため、大きいロット設定を解除し忘れたまま間違ってエントリーしてしまうと危険だからです。

もし逆の場合で意図したロットより小さいならば、もう一度クリック(エントリーしてポジションを追加)しても良いですし、ロットの数字を上げてからもう一度エントリークリックしても良いわけです。

そちらのほうが安全設計と思い、そのようにいたしました。(固定式にするような変更はできません)

ちなみに、上位時間足は別途チャートを作っておくことをお勧めいたします。

 


 

Q:ご質問の内容

クイックパイロットをチャートから削除したいので方法を教えてください。

A:お答えした内容

クイックパイロットをチャートから削除する方法ですが、通常のEAを削除する方法と同じになります。

【方法】

・チャートの画面上のどこでもいいので右クリックします。

・選択肢が出ますので、「エキスパートアドバイザ」をマウスオーバーします。

・選択肢が出ますので、「削除」をクリックしてください。

 


 

MT4クイックパイロットご案内ページ